フタイロハナゴイ
管理No
ac001-004
和名
フタイロハナゴイ
学名
Pseudanthias bicolor
分類
条鰭綱/スズキ目/ハタ科/ナガハナダイ属
大きさ
全長10cm
分布
琉球列島・インド・大平洋
生息域
水深20m以深の岩礁域、珊瑚礁域
解説
○体の上半分は黄色・下半分は赤紫色。雌雄の差がほとんどない種類であるが、雄は背鰭第2,3棘が伸張する。
○日本では主に琉球列島や四国のサンゴ礁で見られるが、幼魚は夏から秋にかけて伊豆半島にも現れる。

フタイロハナゴイ(♂婚姻色)  10cm  -20m
2014/09/22  屋久島 一湊タンク下 No3
Canon EOS 7D 100mm

念願のフタイロの成魚の求愛シーンが見れました。この季節だと夕方しかやってないらしく、かなり遅めのエントリーで見に行ったのだが、狙いはばっちりでした。♀は沢山いるのだが、♂は数匹で求愛時はびゅんびゅん泳ぎまくる上、他の魚もいっぱいで、とにかく撮るのは難易度の高いです。ひたすら粘ってようやく綺麗に撮れました。ボンボリもくっきり写ってます。いやー、綺麗なハナダイですね〜。

フタイロハナゴイ  5cm  -12m
2011/11/20  西伊豆 大瀬崎 先端
Canon EOS 7D 100mm

先端のイソギンチャク畑の下のほうにフタイロハナゴイが数個体集ってました。こんなに浅い所で会うのは初めてで、じっくり撮影できちゃいました。100mmだったから1〜2匹を入れるので精一杯でしたが。

フタイロハナゴイ(yg)  3cm  -25m
2008/01/04  東伊豆 富戸 ヨコバマ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ちょっと深めの岩の隙間にと〜っても小さくて、色も綺麗なフタイロのちびちゃんがいました。けっこう警戒心が強くて光を嫌がるのですが、たまに顔を出してくれるのでタイミング見計らって撮影できました。何気に伊豆半島で見るのは初めてで、けっこう嬉しかったです。

フタイロハナゴイ  7cm  -25m
2007/10/21  高知県 柏島 後浜No3.5
Canon EOS KissDigitalN 100mm

個人的にとても大好きなハナダイなんですが非常に遭遇率が低く、実に3年ぶりくらいの再会でした。2色の綺麗な体に、鰭のブルーのラインが際立ち、深場の暗い海でも目立つ存在でした。比較的浅かったので、じっくり見れてかなりうれしかったですね。



2004/10/02
伊豆大島

2004/11/07
伊豆大島

2004/12/28
久米島

2007/10/21
柏島

2008/01/04
富戸

2008/01/04
富戸

2008/06/28
伊豆大島

2008/06/28
伊豆大島

2008/06/28
伊豆大島

2008/10/04
伊豆大島

2008/10/04
伊豆大島

2009/06/27
伊豆大島

2009/06/28
伊豆大島)

2009/08/04
西表島

2011/11/20
大瀬崎

2011/11/20
大瀬崎

2011/11/20
大瀬崎

2011/11/20
大瀬崎

2011/11/20
大瀬崎

2011/12/29
伊豆大島

2012/07/23
伊豆大島

2012/08/05
八丈島

2013/04/27
伊豆大島

2013/05/25
伊豆大島

2013/05/26
伊豆大島

2013/06/16
西表島

2013/09/13
伊豆大島

2013/09/13
伊豆大島

2014/09/22
屋久島

2014/09/22
屋久島

2014/09/22
屋久島

2014/09/22
屋久島

2014/09/22
屋久島

2014/09/22
屋久島

2014/09/22
屋久島

2014/09/22
屋久島

2014/09/22
屋久島

2014/09/22
屋久島

2014/09/22
屋久島

2014/09/22
屋久島

2014/09/22
屋久島

2014/09/24
屋久島
inserted by FC2 system