シロオビハナダイ
管理No
ac001-009
和名
シロオビハナダイ
学名
Pseudanthias leucozonus
分類
条鰭綱/スズキ目/ハタ科/ナガハナダイ属
大きさ
全長10cm
分布
伊豆半島、伊豆大島
生息域
水深30m以深の岩礁域
解説

○潮通しの良い水深30m以深の岩礁域に単独または2〜3固体の群れで生息する。体側中央に細い白色横帯があり、婚姻色時の雄は後方の体側が濃赤色になる。


シロオビハナダイ(yg)  4cm  -25m
2013/05/27  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 7D 100mm

念願のシロオビハナダイの幼魚がようやく撮れました。1年前ぐらいに秋の浜で深場で一度見たことああったのだが、撮れなくて悔しい思いをしたのですが、ようやくまともに撮れました。しかも際の比較的浅い所で、かなり見やすかったです。見ての通り、キンギョハナダイの♀なんかとよく似ていて、見分けるのが難しいですが、慣れるとわかります。暫く居ついてくれればよかったんですが、すぐいなくなってしまったようです。

シロオビハナダイ(♂)  10cm  -50m
2011/08/14  西伊豆 大瀬崎 柵下
Canon EOS 7D 100mm

柵下の下の根でシロオビハナダイが居ると聞いて行ってみたら、意外とあっさりと見つかりました。下は暗くてライト当てるとあっさり逃げられましたが、何とか数カットは撮れました。やっぱシロオビは何度見ても綺麗ですね。今度はちゃんと♀を撮りたいです。

シロオビハナダイ(♂婚姻色)  10cm  -50m
2009/11/07  伊豆海洋公園 ブリマチの根
Canon EOS KissDigitalN 60mm

マンツーで禁断の深場のシキシマハナダイを見た帰り道に、婚姻色に染まったシロオビを発見。猛烈ダッシュで接近して撮影しました。婚姻色はやや後方からの証拠写真しか撮れず、その後は通常色に戻ってしまいました。通常色と比べてみると良くわかりますが、白帯が太く、色合いもくっきりした感じで、ちょっとどぎつい色になります。婚姻色は初だったので、嬉しい出会いでした。



2004/10/25
伊豆海洋公園

2005/05/21
伊豆海洋公園

2005/08/20
伊豆海洋公園

2005/11/05
伊豆海洋公園

2006/03/25
伊豆海洋公園

2009/11/07
伊豆海洋公園

2009/11/07
伊豆海洋公園

2009/11/07
伊豆海洋公園

2010/06/27
大瀬崎

2011/08/14
大瀬崎

2011/08/14
大瀬崎

2013/05/25
伊豆大島

2013/05/26
伊豆大島

2013/05/27
伊豆大島

2013/05/27
伊豆大島
inserted by FC2 system