アザハタ
管理No
ac001-027
和名
アザハタ
学名
Cephalopholis sonnerati
分類
条鰭綱/スズキ目/ハタ科/ユカタハタ属
大きさ
全長50cm
分布
南日本。インド・太平洋域。
生息域
珊瑚礁域のやや深所
解説
○体高は高く、体中に暗色斑点がちりばめられ、特に頭部には密集して、網目模様になる。体色は真っ赤なものから真っ黒なものまであり、体側の淡色斑も、まだら模様になったり、大きな白斑がちらばったり、横帯のようになったり、変異が激しい。一般に大型になるほど体色は赤くなるようだ。幼魚の体色は一様に藍色で尾鰭後縁が白い。

アザハタ  6cm  -10m
2007/11/11  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS KissDigitalN 100mm

今年は伊豆でハタの幼魚が沢山見られ、こいつも浅場で何種かが集まっている所に1匹だけ混じっていました。アザハタって言うと南国の綺麗な海で真っ赤な巨体でゆうゆうと泳ぐ姿を想像するのですが、幼魚は全く違います。色はほぼ真っ黒で、光嫌がってすぐに隠れちゃいます。どんな過程で、あんなに変化していくのか見てみたいですね。

アザハタ  50cm  -20m
2005/11/19  屋久島 ゼロ戦パッチ
Canon Power Shot S45

アザハタというと綺麗なサンゴ礁の中を、テンジクダイとかイシモチなどの小魚を追いかけている姿が浮かびます。今回の屋久島で見た奴も、同じようにイシモチを追っかけて、ゆーったりと泳ぎ回っていました。体が大きく、赤い体なのでフラッシュがちゃんと届けば良いワイドの被写体です。



2003/11/02
西表島

2004/07/25
西表島

2005/11/19
屋久島

2007/11/11
大瀬崎

2007/12/09
大瀬崎

2007/12/09
大瀬崎

2008/07/30
石垣島

2008/07/31
石垣島

2012/10/14
富戸

2013/06/16
西表島

2014/09/22
屋久島
inserted by FC2 system