アカハタ
管理No
ac001-030
和名
アカハタ
学名
Epinephelus fasciatus
分類
条鰭綱/スズキ目/ハタ科/マハタ属
大きさ
全長40cm
分布
南日本。インド・太平洋域。
生息域
珊瑚礁域や沿岸の浅所〜深所の岩礁域
解説
○体色や斑紋に変異は多いが、体は赤っぽくて5〜6本の暗赤色横帯があり、背鰭棘の外縁が黒くなるのが特徴。

アカハタ(クリーニング)  25cm  -20m
2014/10/26  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 7D 100mm

アカハタが大口開けて、口の中をアカホシカクレエビにクリーニングしてもらってました。こういう時はシャッターチャンスで、あんま動かないことが多いのだが、すぐ閉じてしまい、これ1枚しか大口は撮れなかった。中のエビはどうなってしまったのか、ハラハラです。

アカハタ(yg)  4cm  -6m
2008/10/05  伊豆大島 野田浜
Canon EOS KissDigitalN 100mm

浅場を泳いでいると何か小さな魚が小石の隙間に逃げ込むのが見えました。ちょっと気になってそっと石をめくって見たら、とっても小さなアカハタのおチビちゃんが隠れていました。大きくなると寄っても全然逃げない豪胆な奴なんですが、小さいほど臆病な気がします。大きくなっても残る、目の周りのブルーが目立ちますね。

アカハタ(yg)  10cm  -8m
2008/06/15  西伊豆 大瀬崎 先端
Canon EOS KissDigitalN 60mm

大きくなると態度がでかくなって、寄っても全然逃げないのですが、このくらいの小さい子はかなり臆病で、見かけてもすぐの岩の隙間に逃げ込んでしまうので、会えてもなかなか撮影ができません。何とか逃げ込む直前に撮れましたが、もうちょっとじっくり見たいですね。

アカハタ  30cm  -10m
2006/04/09  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS KissDigitalN 60mm

伊豆でも良く見かけるお魚です。体色は変異が多く、赤っぽいのから白っぽいのまで様々ですが、暗赤色横帯があって区別がつきやすいですね。岩の上とかでじっとしてることも多いし、泳いでもゆっくりなので写真を撮るのは楽ですね。



2001/11/23
沖縄本島

2002/08/24
八幡野

2006/04/09
伊豆大島

2008/03/27
八丈島

2008/06/15
大瀬崎

2008/06/15
大瀬崎

2008/07/30
石垣島

2008/10/03
伊豆大島

2008/10/03
伊豆大島

2008/10/03
伊豆大島

2008/10/05
伊豆大島

2008/10/05
伊豆大島

2009/05/17
大瀬崎

2010/03/19
慶良間諸島

2010/06/27
大瀬崎

2010/06/27
大瀬崎

2011/10/30
獅子浜

2014/10/25
伊豆大島

2014/10/26
伊豆大島

2014/10/26
伊豆大島
inserted by FC2 system