ホウセキハタ
管理No
ac001-048
和名
ホウセキハタ
学名
Epinephelus chlorostigma
分類
条鰭綱/スズキ目/ハタ科/マハタ属
大きさ
全長62cm
分布
南日本。インド・太平洋域。
生息域
沿岸浅所〜深所の岩礁域
解説
○黄褐色の斑点が密に並び、網目模様になる。オオモンハタとよく似るが、ホウセキハタの尾鰭後縁はまるくなり、白い縁取りがない。

ホウセキハタ(yg)  7cm  -10m
2007/10/13  西伊豆 大瀬崎 門下
Canon EOS KissDigitalN 100mm

大瀬の外海で大きな岩の隙間に小さなハタ系の幼魚がいたのですが、何せ暗い上にライトのバッテリーが切れかかっていて、中々確認できない。写真のほうも半分めくらで撮ったのですが、意外と綺麗に撮れていました。帰って調べてみるとホウセキハタの幼魚とわかりました。ハタ系はチビの頃は顔が可愛いくて大好きです。



2007/10/13
大瀬崎

2007/10/13
大瀬崎

2008/10/04
伊豆大島
inserted by FC2 system