ヒメハナダイ
管理No
ac001-051
和名
ヒメハナダイ
学名
Tosana niwae
分類
条鰭綱/スズキ目/ハタ科/ヒメハナダイ属
大きさ
全長11cm
分布
南日本。台湾、南シナ海。
生息域
沿岸の浅所の砂泥域
解説
○体色は赤く体は細長い。眼の後ろから体側中央に黄色縦帯が走り、眼の下にも黄色縦帯が走る。尾鰭上下葉は糸状にのび、腹鰭先端も糸状にのびる。

ヒメハナダイ(♂)  12cm  -40m
2011/12/11  西伊豆 獅子浜 ビーチ
Canon EOS 7D 100mm

今回もヒメハナダイが良い具合に見れました。落ちてる金網の周りをうろうろしてて、外に出ている内に1枚撮れましたが、すぐに金網に逃げ込まれました。相変わらずシャイな奴です。

ヒメハナダイ(yg)  2cm  -40m
2011/11/05  西伊豆 獅子浜 ビーチ
Canon EOS 7D 100mm

前回は全然居なかったのに、今回は下に降りたら♂♀yg全部見れました。これは2cmくらいのチビちゃんです。光を当てると砂泥に隠れちゃうのですが、たまには逃げない奴も居ます。小さい方が赤いラインがくっきりしてますね。

ヒメハナダイ(♂婚姻色)  8cm  -40m
2007/11/11  西伊豆 獅子浜 シーマンズ裏
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ヒメハナダイの♀の群の中に、1個体だけ色合いが違って、明らかに赤斑が出ている奴がいて、追っかけまわして何とか一枚だけ撮影できました。上がってから聞いてみると、これが♂の個体で婚姻色に染まっている姿らしいです。初めて見れたヒメハナダイなんですが、♂も♀もおさえられてとってもうれしかったんです。

ヒメハナダイ(♀)  7cm  -40m
2007/11/11  西伊豆 獅子浜 シーマンズ裏
Canon EOS KissDigitalN 100mm

とある図鑑を読んでいたら、ヒメハナダイは獅子浜でコロニーをなしているところが見られると書いてあったので、調べてみると、深場ながら普通に見られることがわかりました。ちょうどクルマダイが出ていたので、出向いていって見せてもらいました。
-40mくらいで暗く、しかも泥砂底なので着底もできない、さらに間の悪いことにターゲットライトも切れてしまい悪環境でしたが、何とか撮影できました。♀はかなりの数で群をなしていました。その中に♂は一匹だけのようでした。



2007/11/17
獅子浜

2007/11/17
獅子浜

2007/11/17
獅子浜

2011/07/24
獅子浜

2011/11/05
獅子浜

2011/11/05
獅子浜

2011/11/05
獅子浜

2011/11/05
獅子浜

2011/11/05
獅子浜

2011/12/11
獅子浜
inserted by FC2 system