イズハナダイ属の1種
管理No
ac001-065
和名
イズハナダイ属の1種
学名
Plectranthias winniensis
分類
条鰭綱/スズキ目/ハタ科/イズハナダイ属
大きさ
全長4cm
分布
伊豆大島、柏島、鹿児島、久米島;インド洋
生息域
水深23-58mの岩礁域、珊瑚礁域
解説
○尾柄部に目立つ白斑がある。

イズハナダイ属の1種  5cm  -45m
2014/04/20  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 7D 100mm

伊豆大島でがイズハナダイ属の1種がたまーに見られるのですが、いつも穴の奥の方にいて、まともに撮れなかったりするのですが、今回はかなり露出してて、ちょうと泳いでいるところが撮れました。ラッキー。

イズハナダイ属の1種  3cm  -52m
2010/11/05  高知県 柏島 勤崎
Canon EOS 7D 100mm

深場のアサヒの根のさらに下を探索中に、亀裂の奥のほうにイズハナダイ属の1種を発見。同属のチビハナダイと良く似ていますが、尾柄に白斑があるので区別できます。-40m以上の深場にいるそうです。海外ではレッドブロッチ・バスレットとか呼ばれてる奴みたいです。



2010/11/05
柏島

2010/11/05
柏島

2011/04/30
八丈島

2012/04/29
柏島

2012/04/29
柏島

2014/04/20
伊豆大島
inserted by FC2 system