イシガキハタ
管理No
ac001-076
和名
イシガキハタ
学名
Epinephelus hexagonatus
分類
条鰭綱/スズキ目/ハタ科/マハタ属
大きさ
全長20cm
分布
八丈島、高知県柏島、琉球列島、小笠原諸島;インド・太平洋域
生息域
珊瑚礁外縁の浅所
解説
○カンモンハタによく似ているが胸鰭の斑点が赤く、体の背縁に5個の黒色斑が並ぶことで見分けられる。また、体側中央の斑点の中には特に黒いものがあることでも見分けられる。成魚でも体長20cm程度でハタ科としては小型種。

イシガキハタ  20cm  -3m
2014/09/22  屋久島 横瀬
Canon EOS 7D 100mm

屋久島の波の荒い浅場を探索中、見慣れぬお魚が居たので、撮影しようと思ったのだが、これ1枚撮ったらあっさり逃げられました。正体もわからないまま、上がってガイドに聞いてみてもよくわからず、調べてみるとイシガキハタなるハタでした。うーん、浅い所に、こんな知らないハタが居るとはね。地味だったけど、もっとじっくり見たかった。



2014/09/22
屋久島
inserted by FC2 system