アゴハタ
管理No
ac001-077
和名
アゴハタ
学名
Pogonoperca punctata
分類
条鰭綱/スズキ目/ハタ科/アゴハタ属
大きさ
全長30cm
分布
南日本;インド・太平洋域
生息域
沿岸の岩礁域や珊瑚礁域の浅所
解説
○背部に暗色鞍状斑があり、体側には小白色斑が散在する。下顎には大きな皮弁をもつ。幼魚は体色が黒く、ヌノサラシとよく似るが、体側の模様は縦帯でなく、円形である。

アゴハタ  25cm  -5m
2014/09/23  屋久島 吉田
Canon EOS 7D 100mm

屋久島の浅場でベラ探索中に、アゴハタに初遭遇。何気に見てみたかったお魚にこんな浅場で会えてラッキー。名前の通り顎髭があって、愛嬌のある顔です。幼魚は全く違う姿らしいので、是非見てみたいです。



2014/09/23
屋久島

2014/09/23
屋久島

2014/09/23
屋久島

2014/09/23
屋久島
inserted by FC2 system