キジハタ
管理No
ac001-078
和名
キジハタ
学名
Epinephelus akaara
分類
条鰭綱/スズキ目/ハタ科/マハタ属
大きさ
全長40cm
分布
青森県以南〜九州までの日本各地;朝鮮半島南部、中国、台湾
生息域
岩礁域
解説
○体の地色は褐色で、体側には橙色の斑点が密にあり、背鰭基底には大きな黒色斑があるほか、尾柄部にもうすい黒色斑がでることがある。尾鰭後縁は丸い。

キジハタ  35cm  -10m
2014/11/09  西伊豆 大瀬崎 先端
Canon EOS 7D 100mm

大瀬の先端を探索中、見慣れぬハタがゴロタの近辺で出はいりしてました。こりゃあ間違いなくお初のネタに違いないと思って、粘って何とか撮影。帰って調べてみたら、キジハタなる普通種でした。こんだけ潜ってて、会ってない普通種がいるってのに驚きでした。



2014/11/09
大瀬崎

2014/11/09
大瀬崎
inserted by FC2 system