クマドリカエルアンコウ
管理No
ac002-004
和名
クマドリカエルアンコウ
学名
Antennarius maculatus
分類
条鰭綱/アンコウ目/カエルアンコウ科/カエルアンコウ属
大きさ
全長8.5cm
分布
南日本,インド・西太平洋域。
生息域
5〜10mの岩礁域や珊瑚礁域。
解説
○その名の通りクマドリ模様があります。この模様が目まで届いているかいないかで、イロカエルアンコウと見分けをつけることができます。第2・第3背鰭棘の鰭膜が薄く極めて明瞭かどうかでも見分けが可能。背鰭が立つと鰭膜も一緒に立ち、その時に両鰭膜が薄ければクマドリ。カイメンや岩場で見られることが多いです。
○2007/2/1に旧和名クマドリカエルアンコウから、クマドリカエルアンコウに改名。

クマドリカエルアンコウ(yg)  3cm  -5m
2012/12/28  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 7D 100mm

秋の浜の浅瀬の同じ場所に1月間ほどクマドリカエルアンコウが居続けています。ほぼ毎回通るコース上の帰り道に居るので毎回のように寄っては減圧消しのついでに撮影してました。今回は撮ってたら、良い具合に大あくびしてくれました。

クマドリカエルアンコウ(yg)  2cm  -12m
2011/11/06  西伊豆 大瀬崎 門下
Canon EOS KissDigitalN 100mm

黒くまから離れること20mぐらいのところに白くまも居ました。どちらも人気の被写体で次々とやってくるのだが、空いてる時間を狙って撮影してました。尾鰭前回が良い感じです。

クマドリカエルアンコウ(yg)  2cm  -12m
2011/11/06  西伊豆 大瀬崎 門下
Canon EOS KissDigitalN 100mm

クマドリはカエルアンコウの中でも人気の被写体で、その中でもクロクマは超珍しいはずなんですが、今年は伊豆の各所で見られました。今回は大瀬の外海の-12mの浅場で見れました。近くにシロクマも現われ、みんなで交互に撮影していました。にょっきり角が格好良いのだ。

クマドリカエルアンコウ  8cm  -8m
2010/11/04  高知県 柏島 ひょっとして勤崎
Canon EOS 7D 100mm

大きな根の上のほうに立派なサイズの黄グマが居ました。しかも鰭全開でふんばってました。今まで何度も見たことあったけど、こんなに鰭広げてるところは初めてでした。うーん、お見事。

クマドリカエルアンコウ  3cm  -28m
2007/11/24  東伊豆 伊豆海洋公園 1の根
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ちょっと前まで白い個体だったクマドリ君が、黄色に変身したそうです。周りには黄色い食い物もなかったし、いったい何が原因で黄色になってしまうのでしょうね??まだサイズ的には小さいほうですが、顔の周りに赤い色が入りだしていて、成長していることがわかります。もうちょいするとゴツゴツしだして、可愛げがなくなっちゃうんですよね。

クマドリカエルアンコウ  3.5cm  -15m
2007/10/19  高知県 柏島 後浜No2
Canon EOS KissDigitalN 100mm

クマドリは伊豆辺りでは大人気の被写体ですが、ここ柏島ではかなり普通に見れます。今回も白2固体と黒1個体が見れました。こいつは、まだ可愛いステージでサイズもそこそこなので、絶好の被写体でみんなで交代で撮影してました。アクビも何度もしてくれたらしいですが、私は見れませんでした。

クマドリカエルアンコウ(yg)  7mm  -15m
2007/09/15  東伊豆 富戸 ヨコバマ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

伊豆では各種のカエルアンコウが見れるのですが、クマドリは出現する数が少なく、とても綺麗なこともあって大人気の被写体です。普段11月頃に見られだすことが多いのですが、9月の中頃に激チビのシロクマが現れ、話題となりました。大きさ約7mmくらいの大きさで、100mm+マクロレンズでようやく表情がわかるくらいのサイズでした。いやいや、こんなサイズのものを見つけちゃう人ってすごいですよね。
今までにも何度も見ているのですが、当然断突の小ささでした。行列のできるほどのアイドルっぷりで、撮影してても他のダイバーからのプレッシャーがきつくて、のんびり撮れないのが残念。クマドリは白、黒、黄色タイプがいますが、やっぱ白が一番可愛いですね。

クマドリカエルアンコウ  4cm  -10m
2007/06/29  高知県 柏島 後浜No3.5
Canon EOS KissDigitalN 100mm

伊豆あたりだと黒いクマドリはめっちゃレアだったりするのですが、ここ柏島では普通に見れちゃいます。大きな個体で、尻尾の辺りが傷ついていました。ちょうど目の前で大あくびしてくれて良いタイミングで撮影できました。エスカもくっきり写っててお気に入りの一枚です。

クマドリカエルアンコウ(yg)  1cm  -30m
2007/01/05  西伊豆 大瀬崎 門下
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ついに見ることができた念願の黒クマ君です。クリスマスの直前に2日間だけ現れ、クリスマスや元旦には消えていて、また再出現してくれました。深場でしかもかなり小さい被写体で、半分諦めかけてましたが、減圧ぎりぎりで発見。劣悪な環境ながら何とか撮影もできました。
黒に黄色の水玉、さらにピンクの模様と結構派手です。黒クマと白クマでは圧倒的に黒のほうが珍しいのですが、人気は白のほうが高そうですね。でも、これで白クマ、黒クマ、黄クマをコンプリート。

クマドリカエルアンコウ(yg)  2.5cm  -15m
2007/01/05  西伊豆 大瀬崎 柵下
Canon EOS KissDigitalN 60mm

冬の大瀬崎で待ちに待ったクマドリカエルアンコウの登場です。いっつも秋の終わりか冬の初め頃に登場するのだが、今年は当たり年のようで、ベニやイロはもちろんのこと、白クマに黒クマまで現れたようです。
かなり小さな個体で、赤い部分が大きくて、なかなか可愛いやつでした。見つけた場所とポーズが今一で、綺麗に撮れなかったのが非常に残念です。

クマドリカエルアンコウ  4cm  -10m
2004/11/28  東伊豆 海洋公園 2の根
Canon Power Shot S45

IOPに黄色のクマドリイザリが出たと聞いて飛んで行きました。結構浅いところで見れる上、みなに知れ渡っているようで、近辺には必死で探す沢山のダイバーが居ましたが、ガイドさんがあっさり発見してくれて初めてこの色の奴が見れました。しかーし、すでに結構大きくなっていてあまり可愛くなかったのが非常に残念。



2002/09/24
カパライ島

2002/11/02
大瀬崎

2003/10/19
伊豆大島

2003/12/07
伊豆大島

2004/05/03
セブ島 マクタン

2004/11/28
伊豆海洋公園

2006/05/04
沖縄本島

2006/12/30
大瀬崎

2006/12/30
大瀬崎

2007/01/05
大瀬崎

2007/01/05
大瀬崎

2007/01/05
大瀬崎

2007/02/03
大瀬崎

2007/06/29
柏島

2007/06/29
柏島

2007/06/29
柏島

2007/06/30
柏島

2007/09/15
富戸

2007/09/15
富戸

2007/10/06
大瀬崎

2007/10/06
大瀬崎

2007/10/06
大瀬崎

2007/10/06
大瀬崎

2007/10/06
大瀬崎

2007/10/06
大瀬崎

2007/10/13
大瀬崎

2007/10/18
柏島

2007/10/19
柏島

2007/10/19
柏島

2007/10/19
柏島

2007/10/21
柏島

2007/11/11
大瀬崎

2007/11/11
大瀬崎

2007/11/24
伊豆海洋公園

2007/11/24
伊豆海洋公園

2007/11/24
伊豆海洋公園

2010/10/16
波佐間

2010/10/24
大瀬崎

2010/10/24
大瀬崎

2010/10/24
大瀬崎

2010/10/24
大瀬崎

2010/11/04
柏島

2010/11/04
柏島

2010/11/04
柏島

2010/11/04
柏島

2010/11/28
大瀬崎

2010/11/28
大瀬崎

2011/11/06
大瀬崎

2011/11/06
大瀬崎

2011/11/06
大瀬崎

2011/11/06
大瀬崎

2011/11/06
大瀬崎

2011/11/06
大瀬崎

2011/11/06
大瀬崎

2012/04/30
柏島

2012/11/03
伊豆大島

2012/12/08
伊豆大島

2012/12/09
伊豆大島

2012/12/28
伊豆大島

2012/12/28
伊豆大島

2012/12/28
伊豆大島

2014/05/05
柏島

2014/05/05
柏島

2014/10/26
伊豆大島

2014/11/22
伊豆大島

2014/11/22
伊豆大島

2014/11/22
伊豆大島

2014/11/22
伊豆大島

2014/11/22
伊豆大島

2014/11/23
伊豆大島

2014/11/23
伊豆大島

2014/11/23
伊豆大島

 

inserted by FC2 system