エナガカエルアンコウ
管理No
ac002-008
和名
エナガカエルアンコウ
学名
Antennarius rosaceus
分類
条鰭綱/アンコウ目/カエルアンコウ科/カエルアンコウ属
大きさ
全長5.8cm
分布
伊豆半島以南、紅海、フィリピン、インドネシア、マーシャル諸島、ギルバート諸島、ロードハウ島。
生息域
水深130mまでの岩礁域、サンゴ礁域
解説
○吻上突起が円柱形で細く長い背びれ下部に暗色斑がある
○第1棘の先が二つに分かれている事、背鰭第2棘に皮弁がいっぱいある事、吻の傾斜が低い事、吻上突起が著しく長い事などが特徴。
○2007/2/1に旧和名エナガイザリウオから、エナガカエルアンコウに改名。

エナガカエルアンコウ(yg)  2cm  -10m
2007/06/30  高知県 柏島 後浜No1
Canon EOS KissDigitalN 100mm

とっても可愛いサイズで、綺麗な色をしたエナガのチビちゃんを見せてもらいました。ちょうど2年位前に成魚を見たときは、ごっつい顔であんま可愛くない印象でしたが、このサイズはやっぱ違いますね。必死こいて逃げまくり、泳ぎまくりのお姿は、とってもラブリーでした。

エナガカエルアンコウ  5cm  -20m
2005/07/31  高知県 柏島 後浜No2
Canon Power Shot S45

生物の宝庫の柏島にて、初めてエナガカエルアンコウを見せてもらいました。しかーし、岩の隙間にはさまっているような感じで、どーにも特徴が捉えられない。ぱっと見はベニイザリみたいな感じでした。もう一度会って、じっくり観察してみたいものです。



2005/07/31
柏島

2005/07/31
柏島

2007/06/30
柏島

2007/06/30
柏島

2007/06/30
柏島

2007/06/30
柏島

 

inserted by FC2 system