カエルアンコウモドキ
管理No
ac002-009
和名
カエルアンコウモドキ
学名
Antennatus tuberosus
分類
条鰭綱/アンコウ目/カエルアンコウ科/カエルアンコウモドキ属
大きさ
全長9cm
分布
伊豆以南、東アフリカ、ハワイ、仏ポリネシア
生息域
転石の下など
解説
○他のカエルアンコウとは違い、転石の下などで見られる。
○鼻先にある竿状の棘先にエスカが付いていないのが特徴。
○2007/2/1に旧和名イザリウオモドキから、カエルアンコウモドキに改名。

カエルアンコウモドキ(yg)  1cm  -2m
2009/03/20  八丈島 底土
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ENTしてすぐにウミウシ探索を開始したところ、ななな何と1cmくらいの極小のカエルアンコウモドキが見つかりました。水中ではモドキかどうかも分からなかったのですが、明らかに普段見てる奴のチビとは違ってました。この日は浅場はうねりもきつく、観察してるとコロコロと転がるし、巻き上げられてピコピコ泳ぎだすし、なかなかえーもん見れました。モドキは八丈ではたまーに見れるらしいのですが、こんなチビはまず見れないみたいです。

カエルアンコウモドキ  5cm  -10m
2005/07/31  高知県 柏島 後浜No2
Canon Power Shot S45

生物の宝庫の柏島にて、激レアのカエルアンコウに会えました。というか、水中で他のサービスの方が手に持って見せに来てくれました・・・。何かいじめてるみたいで申し訳なかったりするんですが、見せてもらった以上はじっくり観察。で、始めて見た感想は、うーん鳥の唐揚げ?色といい大きさといい、衣つけてカラッと揚げたての唐揚げでした。じっくり観察すると確かにエスカは無くて、他のイザリとは明らかに違うんですが、モドキって名前はちょっと可愛そうですね。



2005/08/02
柏島

2005/08/02
柏島

2009/03/20
八丈島

2009/03/20
八丈島

2009/03/20
八丈島

2009/03/20
八丈島

2009/03/20
八丈島

2009/03/20
八丈島

2009/03/20
八丈島

 

inserted by FC2 system