アマミスズメダイ
管理No
ac003-017
和名
アマミスズメダイ
学名
Chromis chrysura
分類
条鰭綱/スズキ目/スズメダイ科/スズメダイ属
大きさ
全長17cm
分布
南日本。〜台湾、フィジー、モーリシャス。
生息域
水深20〜30mの岩礁域底層
解説
○背鰭軟条部から尾柄部、臀鰭後部より後方が淡色、前方は暗色になる。体高は高く、各鱗の中央部は淡色になる。幼魚は各鰭や頭部が青っぽくなる。

アマミスズメダイ(夜間色)  10cm  -10m
2010/03/19  慶良間諸島 アダン前
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ナイトダイブ中に就寝中のアマミスズメが沢山見れました。昼間とあんまり変わらんお姿の奴もいれば、こいつのようにまだらになっている奴もいました。夜は魚の別の一面が見れて楽しいです。動かないから撮りやすいし。

アマミスズメダイ(yg)  1.5cm  -10m
2007/04/30  八丈島 旧八重根港
Canon EOS KissDigitalN 60mm

春くらいになると八丈島でも1cmくらいのおちびちゃんが多く見られるようになり、GWではこれくらいのサイズが数多く見られます。ただ小さい頃は臆病な奴が多く、すぐ穴に引っ込んじゃうのが多いのですが、こいつは意外と度胸があり、しかもばっくが緑の珊瑚だったので良い感じで撮れました。

アマミスズメダイ(yg)  3cm  -15m
2006/05/03  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

沖縄では大きいサイズ、伊豆でも小さいサイズの奴を見かけますが、こいつは3cm弱ぐらいの今まで見た中でも最小の奴で、寄るとすぐ穴に隠れてしまうシャイな奴でした。額のブルーのVラインがとても綺麗で、すんげー粘って撮影しました。やっぱスズメダイは幼魚が可愛いですね。

アマミスズメダイ  8cm  -10m
2006/05/01  沖縄本島 真栄田岬
Canon EOS KissDigitalN 60mm

沖縄の真栄田岬にて立派なサイズのアマミ君が見れました。伊豆とかでも見れるのですが幼魚ばっかで、このぐらい大きい奴を見るのは久しぶりでした。尾鰭などがシコクに似てたりしますが、体高が高く見分けは容易です。

アマミスズメダイ(yg)  5cm  -15m
2004/10/03  伊豆大島 トウシキ
Canon Power Shot S45

アマミとつくからきっと南方系のお魚なのでしょうが、伊豆でも大島やIOPなのでたまーに見られます。ブルーの外縁がとっても綺麗で撮影のし甲斐がある被写体で、伊豆で見れるとちょっとうれしいですね。



2004/10/03
伊豆大島

2005/06/11
沖縄本島

2005/08/20
伊豆海洋公園

2005/11/05
伊豆海洋公園

2006/05/01
沖縄本島

2006/05/01
沖縄本島

2006/05/01
沖縄本島

2006/05/03
沖縄本島

2006/08/03
沖縄本島

2006/09/09
伊豆海洋公園

2007/03/23
八丈島

2007/03/24
八丈島

2007/04/30
八丈島

2007/04/30
八丈島

2008/05/06
沖縄本島

2008/05/06
沖縄本島

2008/05/07
沖縄本島

2008/05/07
沖縄本島

2008/05/07
沖縄本島

2008/06/28
伊豆大島

2008/06/28
伊豆大島

2008/06/29
伊豆大島

2008/12/12
伊豆大島

2008/12/13
伊豆大島

2009/08/05
西表島

2010/03/19
慶良間諸島

2010/03/19
慶良間諸島

2010/03/19
慶良間諸島

2010/03/21
慶良間諸島

2010/03/21
慶良間諸島

2010/03/21
慶良間諸島

2011/04/30
八丈島

2011/05/02
八丈島

2011/05/02
八丈島

2011/05/20
伊豆大島

2011/12/31
伊豆大島

2012/04/28
柏島

2012/04/28
柏島

2012/04/28
柏島

2012/04/29
柏島

2013/06/17
西表島

2013/07/21
伊豆大島

 

inserted by FC2 system