オキナワスズメダイ
管理No
ac003-026
和名
オキナワスズメダイ
学名
Pomachromis richardsoni
分類
条鰭綱/スズキ目/スズメダイ科/オキナワスズメダイ属
大きさ
全長8cm
分布
琉球列島〜インド・西太平洋域。
生息域
サンゴ礁外縁部の水深10〜20mの中層。
解説
○背鰭後半と臀鰭、尾鰭の上下に鮮やかな黒色縦帯が合わせて4本あるのが特徴。全長8cmになる。

オキナワスズメダイ  5cm  -8m
2009/08/03  西表島
Canon EOS KissDigitalN 100mm

オキナワと名がつくあって、沖縄あたりの海の浅瀬で沢山群れているのが見られます。成魚になるととっても地味ですが、幼魚の頃はメタリックで、シャンパンゴールドの体に、ブルーと派手さにはかけますが、とっても綺麗です。この美しさは写真にしてみないとわからんですね。バックも良くて、樹氷林を泳いでるみたい。

オキナワスズメダイ  6cm  -10m
2005/11/18  屋久島 一湊タンク下
Canon Power Shot S45

オキナワと名がつく以上、沖縄で良く見れるのでしょうが、ここ屋久島で始めて見ました。ここいらでは数が少ない種のようです。何というか地味なお魚で、THEスズメダイとかマツバスズメダイによく似ていますね。



2005/11/18
屋久島

2006/07/30
沖縄本島

2006/08/01
沖縄本島

2007/03/24
八丈島

2009/08/03
西表島

2009/08/03
西表島

2012/08/05
八丈島

2013/06/16
西表島

 

inserted by FC2 system