タルボット・デモイゼル(和名なしのため英名)
管理No
ac003-042
和名
タルボット・デモイゼル(和名なしのため英名)
学名
Chrysiptera talboti
分類
条鰭綱/スズキ目/スズメダイ科/ルリスズメダイ属
大きさ
全長6.0cm
分布
東インド洋〜西太平洋、アンダマン海、モルッカ諸島からフィジー、北はパラオ、南はGBR南部
生息域
礁湖の奥や海岸近くのサンゴ礁域。
解説
○頭部と腹鰭が黄色で、背鰭の棘部基底に大黒色斑がある。目に青いラインが2本入る。子供の頃は目にある青いラインが太いですが、大人になると細くなります。

タルボット・デモイゼル(yg)  2cm  -5m
2011/09/27  セブ マクタン島 ドドンポイント
Canon EOS 7D 100mm

タルボットの2cm位の可愛い個体を発見し、刺さって撮影してました。ちょっと場所が悪い上に、かなり活発に泳ぐので撮影は困難でしあが何とか撮れました。見てて可愛いと思ったのだが、アップで見ると目の青いライングがくっきりしすぎて、目つきが悪いですね。

タルボット・デモイゼル  4cm  -8m
2011/09/25  セブ マクタン島 コモポイント
Canon EOS 7D 100mm

日本にはいない種ですが、フィリピンでは比較的普通に見れます。結構浅いところに居るので目にとまることが多く、ついついカメラを向けてしまいます。成魚もそこそこ綺麗ですが、幼魚の頃はもうちょい可愛いです。



2005/05/03
セブ島 リロアン

2011/09/24
セブ島 マクタン

2011/09/24
セブ島 マクタン

2011/09/25
セブ島 マクタン

2011/09/25
セブ島 マクタン

2011/09/25
セブ島 マクタン

2011/09/27
セブ島 マクタン

2011/09/27
セブ島 マクタン

 

inserted by FC2 system