フチドリスズメダイ
管理No
ac003-066
和名
フチドリスズメダイ
学名
Stegastes fasciolatus
分類
条鰭綱/スズキ目/スズメダイ科/クロソラスズメダイ属
大きさ
全長14cm
分布
小笠原諸島、琉球列島。中・西部太平洋。
生息域
珊瑚礁のごく浅い礁原上
解説
○成魚では背鰭前方に暗色斑はなく、胸鰭基底部に暗色斑がある。臀鰭には黒色横帯はない。虹彩が黄色い。
○幼魚では背鰭中央付近に黄色い斑点があり、胸鰭基底部の暗色斑及び臀鰭黒色横帯のないのは成魚と同じである。

フチドリスズメダイ(yg)  5cm  -5m
2012/10/21  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 7D 100mm

今年は南からのお客様が多く、秋の浜でも普段見られないようなスズメダイが沢山見られました。この子も浅場で見れた1匹なのですが、正直何だか不明だったのですが、瀬能先生に聞いてみたら、幼魚の特徴を残すぎりぎりのステージのフチドリスズメダイだそうです。やっぱ南のお魚でした。

フチドリスズメダイ(yg)  4cm  -3m
2007/10/22  高知県 柏島 勤崎
Canon EOS KissDigitalN 100mm

根の上のうねりのある浅瀬で、珊瑚の間をすいすいとクロソラスズメダイ属のどれかだと思われる若魚くらいのが泳いでいました。正直、このくらいのサイズだと決め手となる部分がわかりにくいですが、背鰭の黒斑に黄色も入っているし、フチドリのようです。ここら辺一帯はスズメダイのチビ天国でした。

フチドリスズメダイ  10cm  -5m
2007/03/24  八丈島 底土
Canon EOS KissDigitalN 60mm

八丈島の底土の浅場で見せてもらったフチドリスズメダイです。今回は同属のセダカスズメダイやアイランドグレゴリーなども見せてもらったのですが、非常に良く似ていて、ぶっちゃけ区別ができません。もっと色々と見て目を養わなければならんですね。
フチドリはセダカと違って背鰭の前方に暗色斑はなくて、胸鰭の基底部には大きな黒斑があります。



2007/03/24
八丈島

2007/10/22
柏島

2012/09/02
柏島

2012/09/06
柏島

2012/10/21
伊豆大島

2014/06/26
石垣島

 

inserted by FC2 system