ビオラリボンスズメダイ
管理No
ac003-086
和名
ビオラリボンスズメダイ
学名
Neopomacentrus azysron
分類
条鰭綱/スズキ目/スズメダイ科/リボンスズメダイ属
大きさ
全長7.5cm
分布
八重山諸島;インド・西部太平洋。
生息域
珊瑚礁域の水深1〜12m
解説
○背鰭後部、臀鰭後部、尾鰭が黄色いことで近似種と区別されます。
○2005.8.20に標準和名がつきました。

ビオラリボンスズメダイ(yg)  1.5cm  -4m
2009/08/03  西表島
Canon EOS KissDigitalN 100mm

成魚ですらとっても珍しいのだが、何とまだ体が透けている激チビのビオラが見れました。しかしほんとに小さくて、しかも動きまくり。とても私の腕では無理かと思ったんですが、何とか1枚だけ撮れてました。いやいやえーもん見れました。

ビオラリボンスズメダイ  6cm  -4m
2009/08/03  西表島
Canon EOS KissDigitalN 100mm

昨年と同じポイントでとっても珍しいビオラリボンスズメダイがまた見れました。前回同様、かなり透明度が悪い所をかなりのスピードで泳ぎまくっていたのだが、全開で慣れたおかげか今回はそこそこまともに撮れました。ちなみにこのポイントでは全4種のリボンが見られるお得な場所です。



2008/10/30
西表島

2009/08/03
西表島

2009/08/03
西表島

2009/08/03
西表島

 

inserted by FC2 system