シチセンスズメダイ
管理No
ac003-093
和名
シチセンスズメダイ
学名
Abudefduf septemfasciatus
分類
条鰭綱/スズキ目/スズメダイ科/オヤビッチャ属
大きさ
全長18cm
分布
静岡県以南の南日本。インド・太平洋域。
生息域
水深3m前後の岩礁域
解説
○成魚の尾柄部に黒点が無いことでシマスズメダイと区別できる。また、背鰭軟条部の先端が丸く、近似種のテンジクスズメダイと区別できる。
○シマスズメダイと混在することがあるが、幼魚では見分けが難しい。シマスズメダイの幼魚は背ビレ中央が黄色いく、体側の横帯は自色よりも幅が広い。シチセンスズメダイの幼魚は背鰭に黄色い色はなく、体側の横帯は自色よりも狭い。

シチセンスズメダイ  10cm  -50cm
2013/06/22  石垣島 タイドプール
Canon EOS 7D 100mm

タイドプールで大きなシチセンスズメダイが見られました。水溜りのような場所でこのサイズはちょっと窮屈な気がしますね。クリーニングされて気持ち良さそうでした。

シチセンスズメダイ(yg)  3cm  -1m
2009/11/02  八丈島 乙千代ヶ浜タイドプール
Canon EOS KissDigitalN 100mm

タイドプールみたいな浅場にはスズメダイのチビが沢山見れます。ここでは良く似た、イソ、シマ、シチセンのチビがわんさか集まってました。これはそこそこのサイズのシチセンスズメダイです。シマスズメダイととっても似ていて、違いを聞いてもなかなか水中では判別が難しいです。



2009/11/02
八丈島

2009/11/02
八丈島

2009/11/02
八丈島

2013/06/22
石垣島

2014/09/25
屋久島

 

inserted by FC2 system