オビトウカイスズメダイ
管理No
ac003-100
和名
オビトウカイスズメダイ
学名
Chromis okamurais
分類
条鰭綱/スズキ目/スズメダイ科/スズメダイ属
大きさ
全長12cm
分布
南日本の太平洋岸、琉球列島
生息域
水深100m以深の岩礁域
解説
○体色は頭部から背鰭、尾鰭は黄色っぽく体側の中央部は茶色で、体側に2条の白い縦帯があるのが特徴。

オビトウカイスズメダイ(yg)  3cm  -55m
2012/09/02  柏島 勤崎
Canon EOS 7D 100mm

人生2度目のオビトウカイに遭遇。前回よりは若干浅いものの、やっぱり深場のスズメダイですね。前回と違うのは、5人という大人数で降りちゃったことですかね。こんな深場まで、よくみんな来ます。おかげで囲んで撮影できました。

オビトウカイスズメダイ(yg)  3cm  -61m
2011/02/13  和歌山県 須江 6:40(ムロバエ)
Canon EOS 7D 100mm

超深場のオビトウカイに須江の海で会えました。それほど派手というわけではないですが、黄色と水色が綺麗ですね〜。すぐ側に別の個体も居たし、トウカイSPも居ました。ダイビングで見れるスズメダイの中では一番深いと思われる奴ですね。



2011/02/10
須江

2011/02/10
須江

2011/02/10
須江

2011/02/11
須江

2011/02/13
須江

2011/02/13
須江

2011/02/13
須江

2011/02/13
須江

2012/09/02
柏島

2012/09/02
柏島

2012/09/02
柏島

2012/09/02
柏島

2012/09/02
柏島

 

inserted by FC2 system