イナズマヒカリイシモチ
管理No
ac004-001
和名
イナズマヒカリイシモチ
学名
Siphamia tubulata
分類
条鰭綱/スズキ目/テンジクダイ科/ヒカリイシモチ属
大きさ
全長5cm
分布
高知県、屋久島
生息域
岩礁域のトゲトサカやウミカラマツ類の枝間
解説
○テンジクダイ科の中では小型で、頭は大きくまるみがあり体側にまだら模様が入るのが特徴。

イナズマヒカリイシモチ(yg)  4cm  -30m
2010/08/08  高知県 柏島 勤崎
Canon EOS KissDigitalN 100mm

イナズマヒカリイシモチは柏島ならではの生物で、ヤギとかに付いてるのを良く見かけます。今回は綺麗なヤギに付いている所が撮れました。毎日、猛暑が続いているので、こんな感じの涼しげな写真もいいかなと。

イナズマヒカリイシモチ(yg)  3cm  -20m
2010/08/07  高知県 柏島 勤崎
Canon EOS KissDigitalN 100mm

柏島の固有種というわけではないが、他ではなかなか見れない珍しい種す。名前のとおり銀色に光っていて、この個体はまだ幼魚のようで柄がはっきりしていませんでした。季節のせいか水温のせいか、数個体しか見れませんでした。

イナズマヒカリイシモチ  5cm  -25m
2005/08/06  高知県 柏島 民家下
Canon Power Shot S45

ちょっと深めのところで名前のとおり怪しい光を発していました。ウミシダに隠れて非常に撮りにくかったのですが、数枚だけまともに写りました。



2005/08/02
柏島

2005/08/06
柏島

2007/06/30
柏島

2010/08/07
柏島

2010/08/08
柏島

2010/11/05
柏島

2012/04/29
柏島

2012/04/30
柏島

2012/05/01
柏島

2012/05/01
柏島

2014/05/02
柏島

2014/05/05
柏島
inserted by FC2 system