アカホシキンセンイシモチ
管理No
ac004-013
和名
アカホシキンセンイシモチ
学名
Apogon cyanosoma
分類
条鰭綱/スズキ目/テンジクダイ科/テンジクダイ属
大きさ
全長5cm
分布
八重山諸島,インド・西部太平洋域。
生息域
珊瑚礁の礁池や内湾。
解説
○体側の黄褐色縦帯の幅が著しく狭く、尾柄後端に瞳孔径大の1赤橙色円斑が入る。
○キンセンイシモチに似るが小型である。

アカホシキンセンイシモチ(夜間色)  3cm  -5m
2008/07/31  石垣島 川平湾
Canon EOS KissDigitalN 100mm

石垣で宿の主人とセルフナイトダイビング中に見れた奴で、夜間色に染まって綺麗な色でした。キンセンイシモチかな〜と思ったのですが念のため瀬能先生に聞いてみたところ「アカホシキンセンイシモチですね。尾鰭基底付近に特徴の赤い斑点がうっすら確認できます。」とのことでした。

アカホシキンセンイシモチ  5cm  -10m
2005/05/03  セブ リロアン マリンビレッジハウスリーフ
Canon Power Shot S45

伊豆なんかでお馴染みのキンセンイシモチとそっくりですが、名前にあるとおり尾っぽに赤斑があることで区別が付きます。でも微妙です。



2005/05/03
セブ島 リロアン

2008/07/31
石垣島

2008/11/01
西表島

2009/08/01
石垣島
inserted by FC2 system