アオスジテンジクダイ
管理No
ac004-017
和名
アオスジテンジクダイ
学名
Apogon aureus
分類
条鰭綱/スズキ目/テンジクダイ科/テンジクダイ属
大きさ
全長11cm
分布
三宅島,相模湾以南,インド・太平洋域。
生息域
浅海の岩礁域、岩穴の周囲。
解説
○体は側扁し体高は高い。全体に鮮やかな橙黄色で、尾鰭後端に黒色の広い横帯が入る。側線鱗の孔器部分が暗色の点列状模様となる。

アオスジテンジクダイ(yg)  4cm  -10m
2007/09/23  東伊豆 川奈 ビーチ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

西表と柏島でしか見たことが無くて、てっきり南方系のお魚だと思っていたのですが、川奈のビーチで見れました。穴の中の暗がりに1個体だけいました。はたして、普段から見れる奴なのか、台風にのってやってきた奴なのかは不明ですね。

アオスジテンジクダイ  10cm  -10m
2005/08/04  高知県 柏島 後浜No1
Canon Power Shot S45

高知で見たアオスジテンジクはやったら大きかったです。テンジクダイ系は小さくて可愛いというイメージですが、ここまで大きくなると可愛げが無いです。目の青いラインが残っているのが救いですね。

アオスジテンジクダイ(yg)  5cm  -10m
2004/07/28  西表島 ヒナイビーチ前
Canon Power Shot S45

南国に居るテンジクダイ系は綺麗なのが多くて、こいつも目の周りの青いラインがとっても綺麗です。伊豆の奴もこれくらい綺麗なのが群れているといいんですが。



2004/07/28
西表島

2004/12/28
久米島

2005/05/04
セブ島 リロアン

2005/08/04
柏島

2007/09/23
川奈

2007/09/23
川奈

2008/12/29
伊豆大島

2011/09/28
セブ島 マクタン

2012/10/20
伊豆大島

2012/10/20
伊豆大島

2013/06/18
西表島

2014/09/20
屋久島
inserted by FC2 system