ミヤコイシモチ
管理No
ac004-019
和名
ミヤコイシモチ
学名
Apogon ishigakiensis
分類
条鰭綱/スズキ目/テンジクダイ科/テンジクダイ属
大きさ
全長6cm
分布
奄美大島以南。フィリピン。
生息域
内湾の藻場周辺や砂泥底を好み珊瑚や沈下物
解説
○体は一様に黄土色、淡褐色の網目模様がある。眼は小さく、頬部に眼から出る暗色斜走帯がある。背鰭先端は黒く、白色斑がある。

ミヤコイシモチ  3cm  -5m
2007/07/29  奄美大島 ピアテグリ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ENTしてすぐの小さな珊瑚に、スズメダイやイシモチのチビちゃんが群れていて、このミヤコイシモチも10匹ぐらいの群をなしていました。パッと見、地味ですが、寄って撮影すると鰭とかの形が良くていい感じです。

ミヤコイシモチ  2cm  -5m
2005/05/04  ネグロス島 ユタ ドリームロック
Canon Power Shot S45

減圧停止中の超浅場にて、海草と砂地が混じったような所で数10匹単位で群れていました。結構小さくて、海草の陰にいるのだがあまり動かないので、コンパクト機でも何とか撮れます。体はあまり特徴ないですが背鰭でミヤコとわかりますね。地域差なのか体が黄色っぽいですね。



2005/05/04
ネグロス島 ユタ

2006/07/29
沖縄本島

2007/07/29
奄美大島

2008/11/01
西表島

2013/06/18
西表島
inserted by FC2 system