カスリイシモチ
管理No
ac004-030
和名
カスリイシモチ
学名
Apogon kallopterus
分類
条鰭綱/スズキ目/テンジクダイ科/テンジクダイ属
大きさ
全長10cm
分布
小笠原諸島、和歌山県以南。インド・太平洋域。
生息域
岩礁域の岩穴
解説
○体側鱗の外縁が暗褐色に縁取られて、かすり模様のようになる。体側に1暗色縦帯があり、尾柄部の側線より上に1暗色斑があって、第2背鰭基底に鞍状の暗色斑がある。ただしこれらの暗色斑が、やや不明瞭な個体もいる。第1背鰭前部の鰭膜は黒い。

カスリイシモチ(yg)  4cm  -15m
2011/12/06  バリ トランベン マジックポイント
Canon EOS 7D 100mm

岩陰に小さなイシモチが居ました。ちょっとわからなかったので撮っておいて後で調べてみたら、カスリイシモチの幼魚だとわかりました。だいぶ成魚とイメージが違いますが背鰭とかで区別で同種とわかりますね。

カスリイシモチ(夜間色)  8cm  -10m
2010/03/19  慶良間諸島 アダン前
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ナイトで見れたカスリイシモチです。昼間同様ほとんど動きナッシングで撮りやすさ万点の被写体です。昼間に比べ、じゃっかん色合いも異なり、ちょっとメタリックな感じです。

カスリイシモチ  8cm  -15m
2008/02/11  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

見た目とっても地味なカスリイシモチです。亀裂の奥にいてこの体色ですから、ライトが無いとお手上げです。体側鱗の外縁が暗褐色に縁取られて、かすり模様に見えるのが名前の由来らしいです。非常に絵にならない被写体ですが、背鰭もぴんと立ててて、図鑑写真としては良しかな。



2008/02/11
沖縄本島

2009/08/02
石垣島

2010/03/19
慶良間諸島

2010/03/19
慶良間諸島

2011/12/07
バリ島

2012/04/28
柏島

2012/10/20
伊豆大島
inserted by FC2 system