シマクダリボウズギスモドキ
管理No
ac004-044
和名
シマクダリボウズギスモドキ
学名
Pseudamia zonata
分類
条鰭綱/スズキ目/テンジクダイ科/ヌメリテンジクダイ属
大きさ
全長15cm
分布
奄美諸島以南;フィリピン、マーシャルなど西部太平洋域
生息域
サンゴ礁域の崖穴
解説
○洞窟奥の亀裂などに単独で見られる。体側と尾柄部に3本の黒色横帯がある。尾鰭が円状で大きい事が特徴。

シマクダリボウズギスモドキ  12cm  -30m
2011/09/26  セブ マクタン島 マリゴンドンケーブ
Canon EOS 7D 100mm

一回目のケーブ探索ではチビのシマクダリが見れたのだが、二度目のアタックでは穴の一番奥で、成魚が見れました。全体的に色が黒っぽくて、幼魚よりは可愛げがありませんが、その特徴的な姿は変わりませんね。

シマクダリボウズギスモドキ(yg)  3cm  -30m
2011/09/25  セブ マクタン島 マリゴンドンケーブ
Canon EOS 7D 100mm

結構深めのケーブの奥深くに、念願のシマクダリボウズギスモドキが居ました。これはまだ小さめの個体で、可愛い奴です。尾鰭が丸っこくてとっても特徴的なお姿です。光を当てるとそっぽ向くけど、当てないと真っ暗で何にも見えんので、結構撮影がつらいです。



2011/09/25
セブ島 マクタン

2011/09/25
セブ島 マクタン

2011/09/26
セブ島 マクタン

2011/09/26
セブ島 マクタン
inserted by FC2 system