オグロテンジクダイ
管理No
ac004-051
和名
オグロテンジクダイ
学名
Apogon seminigracaudus
分類
条鰭綱/スズキ目/テンジクダイ科/テンジクダイ属
大きさ
全長5cm
分布
小笠原諸島、静岡県、愛媛県、奄美大島以南;フィジー諸島
生息域
浅海の岩礁や珊瑚礁
解説
○第1背鰭棘は6棘。体色は赤色であるが、尾鰭下葉と尾柄部が黒い。吻はやや尖り、コミナトテンジクダイに似ているがこの特徴で区別される。

オグロテンジクダイ(yg)  1.5cm  -10m
2014/06/24  石垣島 竹富島 コンドイ前
Canon EOS 7D 100mm

石垣島の綺麗な砂地で見られたオグロテンジクダイの幼魚らしいです。ガイドさんにもわからなかった奴で、瀬能先生に聞いてみたところ「尾鰭下葉が黒いのでオグロテンジクダイです」とのことでした。それにしても、超明るい石垣の真っ昼間にテンジクダイが見れてしまうんですね。

オグロテンジクダイ  3cm  -20m
2013/05/26  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 7D 100mm

伊豆大島でナイトダイビング中に岩の亀裂の奥にサビクダリボウズギスモドキを発見。当然、昼間には見れない奴で、夜でも光を当てると、暗がりに逃げていきます。赤っぽくてなかなか綺麗でした。ナイトは楽しいですね。



2013/05/26
伊豆大島

2014/06/24
石垣島
inserted by FC2 system