サビクダリボウズギスモドキ
管理No
ac004-052
和名
サビクダリボウズギスモドキ
学名
Pseudamia hayashii
分類
条鰭綱/スズキ目/テンジクダイ科/ヌメリテンジクダイ属
大きさ
全長8cm
分布
相模湾、高知県;紅海、西部太平洋域
生息域
岩礁域の岩孔奥
解説
○頭部に孔器列がありよく発達する。前鰓蓋骨には棘がない。ヌメリテンジクダイによく似ているが、尾鰭に黒色斑がなく、前鼻孔の鼻弁は短いことで区別できる。体色は茶褐色で目立つ模様はない。

サビクダリボウズギスモドキ  2.5cm  -20m
2013/05/26  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 7D 100mm

伊豆大島でナイトダイビング中に岩の亀裂の奥にサビクダリボウズギスモドキを発見。当然、昼間には見れない奴で、夜でも光を当てると、暗がりに逃げていきます。何とか隠れる前に撮れましたが、なかなかの難敵です。丸い尾鰭が特徴的です。



2013/05/26
伊豆大島
inserted by FC2 system