フエヤッコダイ
管理No
ac006-007
和名
フエヤッコダイ
学名
Forcipiger flavissimus
分類
条鰭綱/スズキ目/チョウチョウウオ科/フエヤッコダイ属
大きさ
全長15cm
分布
南日本。〜インド・太平洋域。
生息域
岩礁や珊瑚礁域にすむ。
解説
○吻は著しく長く、胸鰭も長い。体色は黄色い、頭部は白く頭部上半部には三角の暗色斑がある。臀鰭軟条部後方に目立つ黒色斑がある。背鰭と臀鰭軟条部の縁辺は青い。尾鰭は透明。
○オオフエヤッコダイとよく似る。フエヤッコダイの背鰭棘はふつう12で、体高は吻長の約1.6〜2.1倍。オオフエヤッコダイは、ふつう11、約1.1〜1.5倍で見分けられる。
○食性は動物性で、長く突出た吻の先端に小さな口が開いていて、穴の中やサンゴの隙間に潜んでいる小型甲殻類やゴカイ類を摘み出して食べる。採餌中は岩穴や岩棚の下側に腹を上にして静止している。
○単独かペアで行動するが、3匹ほどの群れになるときもある。

フエヤッコダイ  12cm  -10m
2008/05/08  沖縄本島 オーバーヘッドロック
Canon EOS KissDigitalN 100mm

とっても南国感ただようお魚で、見た目も派手で一般受けしそうなお魚です。とっても口が長く色も特徴的なので、一度覚えると忘れないお魚でしょう。泳いでる姿がとてもスピード感があり、飛行機みたいな感じです。

フエヤッコダイ  12cm  -10m
2002/01/12  沖縄本島 ミニドリーム
Canon Power Shot S40

通常の黄色いタイプは沖縄では超普通種だったりしますが、この白タイプはちょっとお目にかかれないでしょう。アルビノなのかな??沖縄のミニドリームに暫く居ついていたようで、ちょっとしたアイドル的存在だったようです。



2001/11/23
沖縄本島

2002/01/12
沖縄本島

2003/11/01
西表島

2004/09/26
伊豆大島

2006/07/30
沖縄本島

2008/05/08
沖縄本島

2014/01/25
伊豆大島

 

inserted by FC2 system