タキゲンロクダイ
管理No
ac006-009
和名
タキゲンロクダイ
学名
Coradion altivelis
分類
条鰭綱/スズキ目/チョウチョウウオ科/タキゲンロクダイ属
大きさ
全長17cm
分布
相模湾,高知県,種子島,南シナ海,グレートバリアリーフ。
生息域
水深20〜30mの岩礁域。
解説
○背鰭と臀鰭の後縁がほぼ垂直。眼を通る黒帯は眼の直下で終わる。

タキゲンロクダイ(yg)  3cm  -25m
2011/08/28  西伊豆 大瀬崎 先端
Canon EOS 7D 100mm

沖縄などの南国に行くと成魚が見れるらしいですが未だ見たことは無し。幼魚は伊豆で秋頃になると普通に見れるらしく、何度か見た記憶があります。三角形の体に縞々柄、さらに眼状斑が有りとてもフォトジェニックな奴です。

タキゲンロクダイ  5cm  -15m
2006/12/30  西伊豆 大瀬崎 一本松
Canon EOS KissDigitalN 60mm

南方系のお魚で夏になるとygが伊豆でも見られるのですが、若干大きく成長した奴がまだ見れました。水温が低くなった真冬の海で、熱帯系のお魚には辛いと思われますが、元気にすいすいと泳ぎ回っていました。このまま頑張って越冬してほしいものです。



2005/12/03
伊豆海洋公園

2006/09/02
伊豆大島

2006/12/30
大瀬崎

2006/12/30
大瀬崎

2007/01/05
大瀬崎

2007/01/05
大瀬崎

2007/02/17
大瀬崎

2007/05/05
大瀬崎

2007/05/05
大瀬崎

2007/08/25
富戸

2008/09/06
八幡野

2008/09/06
八幡野

2008/09/06
八幡野

2009/11/23
伊豆大島

2011/08/28
大瀬崎

 

inserted by FC2 system