セグロチョウチョウウオ
管理No
ac006-013
和名
セグロチョウチョウウオ
学名
Chaetodon ephippium
分類
条鰭綱/スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
大きさ
全長20cm
分布
千葉県以南,西部太平洋の熱帯域とハワイとマーケサス諸島。
生息域
水深15m以浅の穏やかな内湾を好む。
解説
○背部後方に特徴的な白い縁取りのある大きな黒色斑がある。これが和名の由来となっている。
○成魚は背鰭の第3〜6軟条が糸状にのび、吻が眼の前方で大きくくぼむ。若魚や幼魚には眼を通る黒色横帯があり、背部の黒色斑は境界が不明瞭で尾柄部に黒色斑がある。
○ペアで行動することが多く、行動範囲も広い。
○ポリプ、底生小動物、海藻などを食べる。

セグロチョウチョウウオ(yg)  3cm  -2m
2013/06/24  川平湾
Canon EOS 7D 100mm

浅場の泥っぽいポイントでセグロチョウチョウウオのチビちゃんが見られました。今まで大きいのしか見たことなかったんですが、小さいのはやっぱ浅場に居るんですね。さらにチビの個体が見たいですね。

セグロチョウチョウウオ(yg)  5cm  -2m
2012/02/18  沖縄本島 瀬良垣 裏インリーフ
Canon EOS 7D 100mm

大荒れの沖縄で普通は潜らんような浅瀬を潜ってきました。浅い所は幼魚が多く、色んな奴が見れたのですが、このセグロのチビちゃんも可愛かったです。臆病でひたすら逃げていくので、これで精一杯でした。

セグロチョウチョウウオ  15cm  -10m
2010/03/20  慶良間諸島 阿真ビーチ前
Canon EOS KissDigitalN 100mm

南国のお魚ですが、数が少ないような気がします。他のチョウチョウウオは似ている奴が多く、良く特徴を確認しないと名前がわからなかったりするのですが、こいつは他に似た奴がいなくて、名前も見たまんまで非常に覚えやすいのだ。



2004/12/27
久米島

2008/10/30
西表島

2010/03/20
慶良間諸島

2012/02/18
沖縄本島

2012/02/18
沖縄本島

2013/06/24
石垣島

2014/06/23
石垣島

 

inserted by FC2 system