イッテンチョウチョウウオ
管理No
ac006-014
和名
イッテンチョウチョウウオ
学名
Chaetodon unimaculatus
分類
条鰭綱/スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
大きさ
全長17cm
分布
和歌山県以南,東アフリカ〜ハワイ諸島,マーケサス諸島のインド・太平洋に広く。
生息域
水深25m以浅のサンゴ礁域。
解説
○背鰭、臀鰭の後縁の円みが弱く、ほぼ垂直。インド洋産に比べ、眼を通る黒帯が眼径より太く腹縁に達する,体色が淡い。

イッテンチョウチョウウオ(夜間色)  12cm  -10m
2010/03/19  慶良間諸島 アダン前
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ナイトダイブ中にお休み中のイッテンチョウチョウウオを発見。他の魚のようにくっきりと夜間色になってるわけではありませんが、うっすらと黒くなってて、汚れたような感じになります。面白いのは昼は黒丸から墨がたれたような柄なのに、夜は白がたれているような柄になって反転したような感じ。チョウチョウウオは全体的に黒っぽくなるのが多く、昼間のほうが綺麗です。

イッテンチョウチョウウオ  12cm  -10m
2009/08/05  西表島
Canon EOS KissDigitalN 100mm

何度も見てはいるのですが、何気に撮影は2度目と意外に少ないイッテンチョウチョウです。背中の黒色斑が目印で名前もそのまんまなんで覚えやすい魚です。



2004/07/31
石垣島

2009/08/05
西表島

2009/11/01
八丈島

2010/03/19
慶良間諸島

2012/08/05
八丈島

2012/09/03
鵜来島

2013/06/19
西表島

 

inserted by FC2 system