カガミチョウチョウウオ
管理No
ac006-018
和名
カガミチョウチョウウオ
学名
Chaetodon argentatus
分類
条鰭綱/スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
大きさ
全長12cm
分布
小笠原、三宅島以南。台湾、南シナ海、フィリピン。
生息域
水深20mまでの浅場の岩礁域。
解説
○眼の上と、頭部、背鰭棘条部に暗色の鞍状帯があり、背鰭軟条部から臀鰭軟条部には目立つ斜走帯がある。
○類似の斑紋パターンはアミメチョウチョウウオ(白地に朱の帯),アミチョウチョウウオ(地は黄色)とユウゼン(黒色)の3種。幼魚期に背鰭軟条部に眼点のない種。

カガミチョウチョウウオ(yg)  3cm  -30m
2009/08/03  西表島
Canon EOS KissDigitalN 100mm

南国では定番で成魚は普通に見ることができるのですが、今回は幼魚が見れました。サイズは3cmくらいととっても小さいのですが、成魚をそのまんま小さくしたような感じでした。かなり臆病で寄るとすぐ逃げるし深度が深くてのんびりもできず、あんま綺麗に撮れませんでした。

カガミチョウチョウウオ  10cm  -10m
2006/07/30  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

他のチョウチョウウオみたく黄色が入っていないので一見地味ですが、銀色の体はまるでミラーボールのように輝いていて何気にお気に入りなお魚。網目模様はアミメチョウチョウに似ていますが、全体的にシルバーなので区別は容易ですね。



2003/11/02
西表島

2006/05/04
沖縄本島

2006/07/30
沖縄本島

2008/05/05
沖縄本島

2008/08/01
石垣島

2009/08/03
西表島

2009/08/03
西表島

2011/12/31
伊豆大島

2013/06/16
西表島

2014/06/21
石垣島

 

inserted by FC2 system