アミメチョウチョウウオ
管理No
ac006-029
和名
アミメチョウチョウウオ
学名
Chaetodon xanthurus
分類
条鰭綱/スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
大きさ
全長14cm
分布
相模湾以南,沖縄,台湾,フィリピン,インドネシア。
生息域
水深30m以浅のサンゴ礁域。
解説
○鱗の後縁が黒く縁取られ、網目模様となる。尾鰭は橙赤色。

アミメチョウチョウウオ(yg)  4cm  -10m
2009/08/04  西表島
Canon EOS KissDigitalN 100mm

西表ではちょっと珍しいらしいアミメチョウチョウウオなんですが、さらに珍しい幼魚が見れました。ちょこまか動き回っていて、その色も相まってとっても目立ちます。ちょっと深めの場所でしたが、粘って撮れました。

アミメチョウチョウウオ  10cm  -10m
2005/05/05  セブ リロアン イラク
Canon Power Shot S45

熱帯の珊瑚礁域では見られるお魚で、銀色に輝く体に網目模様、さらに尻尾の黄色のアクセントが効いていて、チョウチョウウオの中でもかなり派手で目立つ存在ではないでしょうか。ペアで泳いでいるところも良く見られ、絶好の被写体なのは間違い無しです。



2003/12/29
マブール島

2005/05/05
セブ島 リロアン

2008/05/07
沖縄本島

2008/10/30
西表島

2009/08/02
石垣島

2009/08/04
西表島

2009/08/04
西表島

 

inserted by FC2 system