チリメンヤッコ
管理No
ac007-018
和名
チリメンヤッコ
学名
Chaetodontoplus mesoleucus
分類
条鰭綱/スズキ目/キンチャクダイ科/キンチャクダイ属
大きさ
全長18cm
分布
奄美大島以南。〜西太平洋。
生息域
主に水深数m〜20m前後の比較的内湾性のサンゴ礁や岩礁域。
解説
○眼を通る黒色横帯があり、体の前半部は白く後半部は黒い。この黒い部分に白い縮緬皺のような斑紋がある。雌雄及び幼魚の斑紋に大きな差異はない。

チリメンヤッコ  6cm  -10m
2007/07/30  奄美大島 ガレラ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ここ奄美では普通に見られるチリメンヤッコですが、他ではなかなか見ることができないお魚ではないでしょうか。私も今回が初対面でした。10cm位の大きいのから、1.5cm位の小さいのまで見られたのですが、何故か撮れたのは中くらいの若魚くらいの個体ばっかでした。大きいのは100mmだと入りきらず、小さいのは珊瑚の隙間に逃げ込まれました。一杯いるからと後回しにせずに、じっくり撮影しておけばよかったなあ。



2007/07/28
奄美大島

2007/07/30
奄美大島

2008/02/10
沖縄本島

 

inserted by FC2 system