ナメラヤッコ
管理No
ac007-019
和名
ナメラヤッコ
学名
Centropyge vrolikii
分類
条鰭綱/スズキ目/キンチャクダイ科/アブラヤッコ属
大きさ
全長10cm
分布
和歌山県以南、八丈島、小笠原。〜西太平洋。
生息域
主に水深数m〜20m前後のサンゴ礁や岩礁域。
解説
○体色は臀鰭棘付近で淡黄色と黒色に二分される。成魚は背鰭軟条部と臀鰭、尾鰭の縁辺が青く縁取られる。雌性先熟の性転換を行い、ハレムを形成する。
○普通に見られ、ニザダイ科のクログチニザの幼魚は、本種に擬態していると思われる。

ナメラヤッコ  8cm  -15m
2008/02/11  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

沖縄などの熱帯では普通に見られるのですが、地味で何気に今回初撮影でした。冬の冷たい海で警戒心バリバリで、こんなやや後方からの証拠写真しか撮れませんでした。



2008/02/11
沖縄本島

2011/09/26
セブ島 マクタン

 

inserted by FC2 system