ブラックテールエンジェルフィッシュ
管理No
ac007-026
和名
ブラックテールエンジェルフィッシュ
学名
Centropyge eibli
分類
条鰭綱/スズキ目/キンチャクダイ科/アブラヤッコ属
大きさ
全長15cm
分布
スリランカ〜東インド洋、インド・マラヤ海域
生息域
水深10〜30mのサンゴ礁
解説
○体色は灰色っぽく、体側の後方に黒色域がある。ナメラヤッコに似るが、本種では体側に黄色横帯があることで区別することが可能。喉部は黄色みがかかる。背鰭は前半部が灰色で、軟条部は黒色。腹鰭は黄色っぽい。臀鰭は灰色で、黄色の模様が入る。背鰭・尾鰭・臀鰭の後端は青白く縁取られる。
○本種はよく他のアブラヤッコ属と交雑することが知られている。

ブラックテールエンジェルフィッシュ  5cm  -3m
2011/12/06  バリ トランベン マジックポイント
Canon EOS 7D 100mm

EXIT間際の浅瀬で、見慣れぬ綺麗なエンゼルフィッシュを発見。こりゃあ間違いなく日本に居ない種だと思い、じっくり撮影といきたかったのだが、岩の隙間を出入りしてて、なかなか寄らせてくれない。超粘って、数枚だけ撮れました。縞々でとっても綺麗な子でした。
名前はブラックテールエンジェルフィッシュと書きましたが、学名からエイブルズエンジェルフィッシュとも呼ばれているようです。



2011/12/07
バリ島

2011/12/07
バリ島

 

inserted by FC2 system