ハナタツ
管理No
ac009-015
和名
ハナタツ
学名
Hippocampus sindonis
分類
条鰭綱/トゲウオ目/ヨウジウオ科/タツノオトシゴ属
大きさ
全長8cm
分布
本州中部〜九州までの日本各地、朝鮮半島南部
生息域
沿岸浅所岩礁域の藻場にすむ。
解説
○背鰭鰭条数15、胸鰭鰭条数10、体輪数10+37、背鰭基底下の躯幹部上隆起線の明瞭な突起又は棘の数は1〜2 頂冠はよく発達するが、著しく高くなることはない。色や形は藻などに似せて擬態をしている。
○雄と雌の違いは、お腹が丸く膨れているのが雌で、そうでない物は雄と言うことになる。雌はお腹の下のところに臀鰭が見えている。
○ふつうは海藻などに尾部を巻きつけ、小さい胸鰭を動かして、頭が上になるようにしている。動きは鈍い。雄が育児嚢を持ち、雌は輸卵管で、その育児嚢のなかに卵を産みつける。そこで孵化して、仔魚まで育てたものを、激しく体を震わせながら産仔する。その様子は、雄が出産するように見える。
○泳ぐ力が弱いため、流れに乗って藻の間を移動したり、泳いでも大変遅い。
○「エンシュウタツ」とも呼ばれる。
○最近までタツノオトシゴとして分類されていたので、図鑑などにはタツノオトシゴとして紹介されているものもある。
○頭の上にある突起を「頂冠」というが、頂冠が著しく高いものをタツノオトシゴとし、頂冠がある程度高く、細長い角がたくさん生えているものをハナタツと区別する。
○食性は肉食性で、動物性プランクトンやワレカラ、アミ、エビ、小魚などを細い口で吸い込むように捕食する。

ハナタツ(yg)  1cm  -15m
2011/07/02  西伊豆 安良里 黄金崎ビーチ
Canon EOS 7D 100mm

久々の黄金崎で獲物を探索中、ケーソンでバディがとってもチビのハナタツを見つけてくれました。ねばって撮るも場所が悪くあんま良い角度でとれへん。泣く泣く諦めて帰路につくと、ロープの付近をふよふよと別の個体が泳いでいるのを発見。ラッキー!眼一杯はいつくばって必死に撮影。前かがみになって泳ぐというより漂う姿が可愛いです。尻尾丸めてるのもポイント高いです。そんでそのまま、ゴミたまりに突っ込んで絡み付きました。もっと泳ぐ姿が見たかった。

ハナタツ  6cm  -20m
2010/04/10  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS KissDigitalN 100mm

今までに色んな色のハナタツを見たことがあったのですが、今回のは真っ白なとっても綺麗な奴でした。頂冠がとっても長くて、立派なお姿ですね。

ハナタツ  7cm  -10m
2009/03/07  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS KissDigitalN 100mm

伊豆大島では沢山のハナタツが見られます。が、いつもゆらゆら撮影が困難で、真横から撮るTHE図鑑写真は結構むずかしいです。今回は大うねりという劣悪なコンディションでしたが、いい具合に真横から撮れちゃいました。

ハナタツ  8cm  -10m
2007/10/06  西伊豆 大瀬崎 門下
Canon EOS KissDigitalN 100mm

伊豆では定番で今回も何個体も見れたのですが、こいつは今まで見た中でも一番形が良い奴でした。見てのとおり、長い頂冠が3本生えていてとても凛々しいです。顔のupはこんな感じです。

ハナタツ  8cm  -10m
2007/05/05  西伊豆 大瀬崎 一本松
Canon EOS KissDigitalN 60mm

なんか頂冠がやったら長くてちょんまげのようで、まるでバカ殿ハナタツです。バカ殿は流れも無いのに、あっちにふらふら、こっちにふらふらと落ち着きが無く動き回っていて、撮影は困難でした。見てるだけで楽しいですね。

ハナタツ  8cm  -8m
2006/10/22  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ペアで見られたハナタツで、よーく見ると同じ海藻に2匹付いてます。オレンジの個体はよく見かけますが、こんなに背鰭が綺麗だとは知りませんでした。さらに正面顔はこんな感じで、海馬というより海ラクダって感じの顔でした。

ハナタツ(yg)  2cm  -5m
2006/10/21  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS KissDigitalN 60mm

浅場の壁沿いに張り付いていたチビのハナタツで、すでに成魚と同じような姿形をしていました。しかし、見事に周りの環境に同化していて、このサイズを見つけるのは非常に困難ですね。

ハナタツ(yg)  5mm  -5m
2006/07/08  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS KissDigitalN 100mm

伊豆大島で話題のジャパピグを探していたらこいつを発見しました。ジャパピグとほぼ同じ大きさだし色も同じなのですが、戻って写真を見比べてみると明らかにジャパピグとは模様が異なり、ハナタツ(yg)と判明。いやいや、今までにも幼魚は見たこと有りましたが、もうこれは赤ちゃんレベルです。

ハナタツ  7cm  -5m
2005/10/02  伊豆大島 秋の浜
Canon Power Shot S45

伊豆大島のEXITのパイプ付近の岩陰にて発見。かなり動くは、泳ぐはで撮りにくかったりしたのですが、EXIT間際ということでエア残りを使ってじっくり撮影できました。相変わらず海藻に絡み付いて大回転をしてるんですが、一瞬止まった隙を逃さず激写できました。

ハナタツ  8cm  -15m
2004/11/21  伊豆大島 秋の浜
Canon Power Shot S45

伊豆大島では必ずハナタツが見るとことができるのだが、綺麗な個体というのはそうそう会えるもんではない。この個体は綺麗というわけではないのですが、紅白の体で何ともおめでたい奴でした。珍しく泳いでいました。

ハナタツ(yg)  4cm  -10m
2004/07/11  伊豆大島 秋の浜
Canon Power Shot S45

伊豆大島の秋の浜では通年でハナタツが必ずといっていいほど見ることができる。このチビちゃんも、秋の浜の浅場で見れたもので海藻に尻尾を巻きつけてゆらゆら揺れていました。
大きくなると体にゴミみたいなものいっぱいくっつけて汚くなってしまう個体が多いのですが、このサイズだとまだ可愛いですね。もうちょっとカメラ目線でじっとしていてくれるとありがだいのですが。



2003/07/28
伊豆大島

2003/07/30
伊豆大島

2003/10/19
伊豆大島

2003/12/07
伊豆大島

2004/06/11
伊豆大島

2004/07/11
伊豆大島

2004/10/02
伊豆大島

2004/11/06
伊豆大島

2004/11/06
伊豆大島

2004/11/21
伊豆大島

2005/03/26
伊豆大島

2005/04/16
伊豆海洋公園

2005/06/25
伊豆海洋公園

2005/08/20
伊豆海洋公園

2005/10/02
伊豆大島

2005/11/05
伊豆海洋公園

2006/02/19
伊豆大島

2006/03/25
伊豆海洋公園

2006/03/25
伊豆海洋公園

2006/05/14
伊豆大島

2006/05/14
伊豆大島

2006/07/08
伊豆大島

2006/07/08
伊豆大島

2006/09/09
伊豆海洋公園

2006/10/21
伊豆大島

2006/10/22
伊豆大島

2006/10/22
伊豆大島

2006/11/18
伊豆大島

2007/02/12
葉山

2007/02/12
葉山

2007/04/15
川奈

2007/04/15
川奈

2007/04/15
川奈

2007/04/15
川奈

2007/04/15
川奈

2007/05/06
大瀬崎

2007/09/09
大瀬崎

2007/09/23
川奈

2007/10/06
大瀬崎

2007/10/06
大瀬崎

2007/10/06
大瀬崎

2008/06/01
葉山

2008/06/28
伊豆大島

2008/06/29
伊豆大島

2008/06/29
伊豆大島

2008/10/04
伊豆大島

2009/03/07
伊豆大島

2009/09/21
安良里

2009/09/23
明鐘

2009/09/23
明鐘

2009/09/23
明鐘

2010/04/10
伊豆大島

2010/04/10
伊豆大島

2010/05/02
伊豆大島

2010/05/02
伊豆大島

2011/07/02
安良里

2011/07/02
安良里

2011/07/02
安良里

2011/07/02
安良里

2011/07/02
安良里

2011/07/02
安良里

2011/07/02
安良里

2011/09/18
安良里

2011/09/18
安良里

2012/05/21
伊豆大島

2012/07/16
伊豆海洋公園

2014/08/24
伊豆大島
inserted by FC2 system