オオウミウマ
管理No
ac009-018
和名
オオウミウマ
学名
Hippocampus kelloggi
分類
条鰭綱/トゲウオ目/ヨウジウオ科/タツノオトシゴ属
大きさ
全長30cm
分布
伊豆半島以南、インド、西太平洋域。
生息域
内湾の浅所。琉球列島では河川汽水域に侵入することもある。
解説
○背鰭鰭条数16〜18、胸鰭鰭条数15〜17、体輪数11+39〜41、背鰭基底下の躯幹部上隆起線の明瞭な突起又は棘の数は2〜3 頂冠は高く明瞭。
○体色は茶褐色や黄褐色が一般的で、小黒点や大型の褐色斑が、散在する事も有る。

オオウミウマ  4cm  -28m
2010/06/05  西伊豆 大瀬崎 柵下
Canon EOS KissDigitalN 60mm

柵下で虎柄のオオウミウマが見られると聞いて、見に行ってきました。ちょっと深場でしたが、教えていただいた通りの場所にいました。真っ赤なヤギについてて、黄黒の体がとっても目立ちます。しかも良い具合にこっち向いてて、絶好の被写体でした。

オオウミウマ  15cm  -4m
2007/10/20  高知県 柏島 樫西ビーチ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

高知の海ではオオウミウマを良く見かけ、しかもやったら巨大な奴が多いです。樫西ビーチでもかなり大きな奴が何個体も見れ、こいつは泳いでお散歩中でした。ちょっと珍しいシーンですね。

オオウミウマ(yg)  3cm  -10m
2005/02/05  伊豆大島 秋の浜
Canon Power Shot S45

伊豆大島はハナタツが数多く見られますが、その他のタツノオトシゴ系がたまに見られます。このオオウミウマの幼魚は浅場の海藻に絡んでゆらゆらとゆられていました。小さくて、すぐにそっぽ向いてしまうのですが、何とか1枚撮れました。クリッとしたお目目と、背鰭がチャームポイントですね。

オオウミウマ  8cm  -10m
2004/06/06  西伊豆 大瀬崎 ビーチ
Canon Power Shot S45

セルフダイブのメッカの大瀬崎にて我らのサークルのリーダーが見せてくれました。オオウミウマははじめて見る被写体だったので、がんばって撮ろうとしたのですが、この日は曇っていて海の中もとても暗く、デジカメの光もうまく当たらず、何とも暗い画像になってしまいました。



2004/06/06
大瀬崎

2004/12/25
久米島

2005/02/05
伊豆大島

2006/07/29
沖縄本島

2007/06/30
柏島

2007/06/30
柏島

2007/10/20
樫西

2007/10/20
樫西

2007/10/20
樫西

2007/10/20
樫西

2007/10/20
樫西

2010/06/05
大瀬崎

2010/06/05
大瀬崎

2012/04/28
柏島

2012/04/28
柏島

2012/04/28
柏島

2012/04/28
柏島

2012/08/25
大瀬崎

2012/08/26
大瀬崎

2012/09/03
鵜来島

2014/05/04
柏島
inserted by FC2 system