ニジハギ
管理No
ac019-013
和名
ニジハギ
学名
Acanthurus lineatus
分類
条鰭綱/スズキ目/ニザダイ科/クロハギ属
大きさ
全長30cm
分布
南日本,インド・西太平洋(紅海を除く)。
生息域
サンゴ礁域や岩礁域。幼魚は内湾や礁湖などの潮間帯付近、成魚はサンゴ礁外縁の砕波帯付近。
解説
○体は楕円形で側扁し、長い尾柄棘は頭長の約半分。青地に黄色縦縞が入る。頭部が黒くなる、尾鰭が白くなるなど、良く体色を変化させる。
○草食性で糸状藻類を食べる。

ニジハギ(yg)  5cm  -4m
2007/10/19  高知県 柏島 勤崎
Canon EOS KissDigitalN 100mm

根のトップの浅場で、とっても綺麗なニジハギの幼魚が元気に泳いでいました。このサイズを見るのは初めてで、成魚の頃より一層カラフルな気がします。もっとチビの奴を見てみたいですね。

ニジハギ  20cm  -3m
2006/08/03  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

名前の通り虹色(7色も有りませんが)のお魚で、熱帯の浅瀬をすいすい泳いでいて、非常に目立つ存在。水深、1〜5mくらいの浅場を泳いでいることが多く、シュノーケラーでも普通に見ることができ、数も多いため一般受けが良さそうなお魚です。



2003/11/02
西表島

2006/08/03
沖縄本島

2007/10/19
柏島

2008/12/12
伊豆大島

2010/03/20
慶良間諸島

2011/10/23
大瀬崎

2011/11/19
大瀬崎

2011/12/07
バリ島

2013/06/19
西表島

 

inserted by FC2 system