サザナミハギ
管理No
ac019-022
和名
サザナミハギ
学名
Ctenochaetus striatus
分類
条鰭綱/スズキ目/ニザダイ科/サザナミハギ属
大きさ
全長20cm
分布
南日本。〜インド・太平洋域。
生息域
岩礁域。
解説
○頬部をのぞく頭部に橙色小斑点があり、体側には暗い橙色縦線がびっしりと並ぶ。顎歯は細長くブラシ状になる。
○コクテンサザナミハギによく似るが、背鰭と臀鰭の基底後端に小黒斑がないことと頬部に橙色小斑点がないことで区別できる。
○小さな無脊椎動物や藍藻類とケイソウを食べる。

サザナミハギ(yg)  4cm  -4m
2011/08/14  西伊豆 大瀬崎 先端
Canon EOS 7D 100mm

浅場で可愛いサイズのサザナミハギを見つけました。伊豆ではコクテンサザナミのチビは何度か見たことあったのですが、THEサザナミのほうは初めてでした。水中で見た時はわからなかったけど、写真で見ると縦じまが綺麗です。

サザナミハギ  20cm  -5m
2008/05/09  沖縄本島 真栄田岬
Canon EOS KissDigitalN 100mm

熱帯では良く見かける普通種ですが、見ての通りかなり地味な奴でなかなかカメラを向けることがありません。今日はとっても透明度が良く、100mmでも遠くから狙えるし、気持ちよさげに泳ぎ回っていたので撮影しておいたのですが、案の定初撮影でした。



2008/05/09
沖縄本島

2008/11/04
石垣島

2011/08/14
大瀬崎

2013/06/19
西表島

2014/06/21
石垣島

 

inserted by FC2 system