キツネウオ
管理No
ac021-001
和名
キツネウオ
学名
Pentapodus caninus
分類
条鰭綱/スズキ目/イトヨリダイ科/キツネウオ属
大きさ
全長30cm
分布
琉球列島以南。〜台湾、フィリピン、南シナ海、マーシャル諸島、サモア、ニューカレドニア。
生息域
珊瑚礁域。
解説
○吻は尖り、体は細長い紡錘形。尾鰭は後縁が深く湾入して、上下葉がのび、上葉の方が長くなる。体側中央に目立つ1黄色縦帯があるが、若魚では不明瞭になることもある。吻部に2本、頬部に1本の黄色帯がある。背鰭は赤い。
○幼魚はヤクシマキツネウオに似るが、左右の黄色縦線が頭部でつながらない。

キツネウオ  13cm  -5m
2011/09/29  セブ マクタン島 アナポグ
Canon EOS 7D 100mm

若魚くらいのキツネウオが中層を泳いでいました。もうちょい小さいと地面を這うように泳いでいるのですが、このくらいになると中層を泳ぐんですね。

キツネウオ(yg)  9cm  -10m
2008/11/04  石垣島 エイトロック
Canon EOS KissDigitalN 100mm

久々にキツネウオのチビが見れました。といっても10cm弱くらいの少し大きくなった個体で、元気にそこら中を泳ぎまわっていました。そのぐらいのサイズだとまだ青色が鮮やかで綺麗ですね。

キツネウオ(yg)  5cm  -15m
2007/08/02  奄美大島 倉崎ビーチ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

図鑑ではキツネウオ属の1種-1となっていたのですが、いつの間にかTHEキツネウオの幼魚になっていました。ヤクシマキツネウオygに良く似ていますが、左右の黄色縦線が頭部でつながらないので区別が可能です。どちらにしても、青と黄色がとっても綺麗なお魚です。

キツネウオ  25cm  -20m
2006/04/29  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ホンソメワケベラにクリーニングされていたので、比較的近づけて何とか撮影できました。人なつっこくダイバーに寄って来るという話もききますが、いつもすぐ逃げられてしまうので、難敵だったりします。
黄色の帯がまだ鮮明でないので、若魚ぐらいのステージなのだと思われます。



2005/11/17
屋久島

2005/11/17
屋久島

2005/11/21
屋久島

2006/04/29
沖縄本島

2006/07/29
沖縄本島

2006/08/04
沖縄本島

2007/08/02
奄美大島

2008/11/04
石垣島

2011/09/27
セブ島 マクタン

2011/09/29
セブ島 マクタン

2011/09/29
セブ島 マクタン

2012/12/21
石垣島

2013/06/17
西表島

2013/06/19
西表島

2014/06/26
石垣島

2014/06/25
石垣島

 

inserted by FC2 system