ヤクシマキツネウオ
管理No
ac021-002
和名
ヤクシマキツネウオ
学名
Pentapodus aureofasciatus
分類
条鰭綱/スズキ目/イトヨリダイ科/キツネウオ属
大きさ
分布
屋久島、琉球列島。サモア、トンガ。
生息域
珊瑚礁外縁の中・下層
解説
○キツネウオに似るが、小型で尾鰭は浅い二又型。幼魚は左右の黄色縦線が頭部でつながる。
○2001年に西太平洋で記載されたのだが、屋久島北部でも生息が確認され、2007年に本村浩之、原崎森によって標準和名「ヤクシマキツネウオ」が提唱された。奄美大島、沖縄でも生息が確認されている。

ヤクシマキツネウオ  20cm  -28m
2014/09/25  屋久島 一湊タンク下
Canon EOS 7D 100mm

2度目の屋久島に来たのですが、幼魚はちょいちょい見かけるのだが、成魚はなかなか会えず、最終日にようやく見られました。そこそこ深く、結構暗いし、泳ぎまくるのですが、なんとか撮影成功です。屋久島来たら成魚撮っとかなきゃね。

ヤクシマキツネウオ(yg)  4cm  -28m
2007/11/11  西伊豆 大瀬崎 門下
Canon EOS KissDigitalN 100mm

南国では何度かみたことあるヤクシマキツネウオですが、何と伊豆の海で見れちゃいました。大瀬で見れたのもかなり久々のようです。おでこの辺りで黄色いラインが繋がってるほうがヤクシマキツネウオで、繋がってないのがキツネウオと覚えていたのですが、見てのとおり微妙に途切れてるよね・・・。でもキツネウオとは明らかに違うので、ヤクシマキツネウオということにしておきます。

ヤクシマキツネウオ  5cm  -20m
2006/07/31  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

見た時点では図鑑でもキツネウオ属の1種-2となっていて、未だ正式和名が無い種だったのですが、2007年にヤクシマキツネウオの和名が付きました。キツネウオyg(キツネウオ属の1種-1)と比べてみると良くわかるのですが、おでこの辺りで黄色いラインが繋がっています。成魚は屋久島にいっぱい居たのですが、写真は撮れていません。



2005/11/21
屋久島

2006/05/04
沖縄本島

2006/07/31
沖縄本島

2006/07/31
沖縄本島

2007/11/11
大瀬崎

2007/11/11
大瀬崎

2008/12/12
伊豆大島

2010/11/06
柏島

2012/04/28
柏島

2012/04/28
柏島

2014/06/21
石垣島

2014/09/19
屋久島)

2014/09/25
屋久島

2014/09/25
屋久島

2014/09/25
屋久島

2014/12/21
伊豆大

2014/12/23
伊豆大島

 

inserted by FC2 system