カメンタマガシラ
管理No
ac021-007
和名
カメンタマガシラ
学名
Scolopsis xenochrous
分類
条鰭綱/スズキ目/イトヨリダイ科/ヨコシマタマガシラ属
大きさ
全長20cm
分布
沖縄島。台湾、フィリピン、インドネシア、ニューギニア、オーストラリア北東部からソロモン諸島、オーストラリア北西部のインド洋、アンダマン海、スリランカ、モルジブ。
生息域
水深45〜50mの珊瑚礁外縁。
解説
○体は低く、やや細長い長楕円形。尾鰭は深く二叉。頭の背部から体側背部前半は暗紫色、背部後半は淡黄色、腹部は銀白色。側線始部に輝青色の斜行帯があり、その後方に小黒点が規則正しく並び、さらに後方に白色縦斑がある。
○泳いでいるときの斑紋は、頭部背面から体側前半背部にかけて半円形に暗紫色になり、その下の白色部とくっきり別れ、まるで仮面をかぶっているように見える。そのために仮面玉頭の意味で和名が提唱されている。この斑紋は死んでからは見られない。 体は。

カメンタマガシラ(yg)  5cm  -25m
2014/09/23  屋久島 永田 オツセ
Canon EOS 7D 100mm

屋久島の海でカメンタマガシラのチビちゃんが見られました。かなり警戒心が強く、なかなか近寄らせてもらえません。遠目から見てもわかる青い蛍光色がとても綺麗な奴でした。

カメンタマガシラ  15cm  -10m
2011/12/06  バリ トランベン 沈船
Canon EOS 7D 100mm

屋久島以来2度目のカメンタマガシラに遭遇。水中でもブルーのラインがとっても目立ちますが、全体的にはやっぱり地味ですね。



2005/11/17
屋久島

2011/12/06
バリ島

2014/09/23
屋久島

 

inserted by FC2 system