ハクセンタマガシラ
管理No
ac021-012
和名
ハクセンタマガシラ
学名
Scolopsis ciliata
分類
条鰭綱/スズキ目/イトヨリダイ科/ヨコシマタマガシラ属
大きさ
全長15cm
分布
琉球列島。〜台湾、南シナ海、シャム湾、インドネシア、アンダマン海、ソロモン諸島。
生息域
珊瑚礁域の砂底。
解説
○背側の1白色縦帯が目立つ。体側中央後方に黄色点列がある。日本では全長10cmほどの幼魚が多い。

ハクセンタマガシラ  15cm  -10m
2014/09/22  屋久島 一湊タンク下 No1
Canon EOS 7D 100mm

屋久島の綺麗な砂地でハクセンタマガシラの成魚が見られました。結構数は居るのですが、近寄ると逃げていき、ある一定の距離までしか近づけません。とはいえ、大きいし、素早く泳ぐわけではないので撮りやすいですけど。

ハクセンタマガシラ  12cm  -10m
2008/02/09  沖縄本島 レッドビーチ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

浅場の泥砂ポイントでは若魚くらいまでのタマガシラ系が多く見られ、ヒトスジもこの位のサイズまでが沢山見られました。見てのとおり名前の由来となる白色縦帯が目印で、形は良く似ていても他との区別は容易です。



2008/02/09
沖縄本島

2008/10/29
西表島

2014/09/22
屋久島

 

inserted by FC2 system