アカモンガラ
管理No
ac024-001
和名
アカモンガラ
学名
Odonus niger
分類
条鰭綱/フグ目/モンガラカワハギ科/アカモンガラ属
大きさ
全長30cm
分布
相模湾以南。インド・西太平洋の熱帯海域。
生息域
水深50m以浅の珊瑚礁。
解説
○黒紫色の長卵形び体で、上顎に前向きに突出した強大な赤い牙状歯がある。尾鰭の上下葉は長く糸状に延長する。ときに大きな群れをつくる。
○黒いのに「赤」モンガラという名前だが、もともとは「赤歯」モンガラだったという説もある。

アカモンガラ  20cm  -10m
2014/09/25  屋久島 永田 観音
Canon EOS 7D 100mm

アカモンガラが岩場をつんつんお食事していたのですが、真っ赤な歯が見えました。黒いのに「赤」モンガラという名前だが、もともとは「赤歯」モンガラだったという説もあるらしいのだが、ようやく実物が見られました。

アカモンガラ(ygクリーニング)  5cm  -20m
2008/07/30  石垣島 米原キャンプ場前 オアシス
Canon EOS KissDigitalN 100mm

5cmくらいの可愛いアカモンガラを撮影していると、それよりも大きなホンソメワケベラがやってきてクリーニングを開始しました。普段あまり寄れないアカモンガラですが、クリーニング中は比較的はじっとしていてくれるので、シャッターチャンスです。口の中までクリーニングしてくれたら、噂の赤い歯が見れるかと思ったのですが、残念ながらそこまでサービスしてくれませんでした。

アカモンガラ(yg)  5cm  -20m
2008/07/30  石垣島 米原キャンプ場前 オアシス
Canon EOS KissDigitalN 100mm

アカモンガラのチビが10匹ぐらい群れてて、寄ると穴に逃げ込まれてしまったのだが、暫くすると一番小さな奴が真っ先に出てきました。どうやら小さいほど警戒心が薄いようです。いつも見れても引っ込まれていたのですが、暫く粘れば撮れたんですね。成魚になると真っ黒くなり、群れるので泳ぎ回り、形も何処となく蝙蝠のようで気味悪かったりするのですが、幼魚の頃は若干青っぽくてまだ可愛げが有ります。

アカモンガラ(yg)  8cm  -20m
2008/07/30  石垣島 米原キャンプ場前 オアシス
Canon EOS KissDigitalN 100mm

綺麗な砂地の小さな根に5cm〜10cmくらいのアカモンガラのチビが10匹ぐらい群れてました。寄るとあっさり穴に逃げ込まれてしまったのですが、暫くその根で他の獲物を撮影していると、まず一番小さなのが出てきて、次に二番目に小さなこいつが出てきました。こうなると案外寄っても引っ込まないようで、じっくり撮影ができました。すでに大人の特徴が出始め、青一色ではなくて、頬の辺りの色が変わってきています。

アカモンガラ  40cm  -15m
2002/09/24  ボルネオ シパダン島 Barracuda Point
Canon Power Shot S40

ちょい暗めの海でアカモンガラが数匹群れていました。大きくなると真っ黒になるのもいますが、こいつらのように頬のあたりが褐色のタイプもいます。なんちゅーか独特な形をしていて、翼を広げた蝙蝠みたいです。口を開けると歯が赤いんで、さらに気味が悪いですね。



2002/09/24
シパダン島

2004/08/01
石垣島

2008/05/08
沖縄本島

2008/07/30
石垣島

2008/07/30
石垣島

2008/07/30
石垣島

2008/07/30
石垣島

2008/07/30
石垣島

2014/09/19
屋久島

2014/09/25
屋久島

2014/09/25
屋久島

 

inserted by FC2 system