クマドリ
管理No
ac024-008
和名
クマドリ
学名
Balistapus undulatus
分類
条鰭綱/フグ目/モンガラカワハギ科/クマドリ属
大きさ
全長30cm
分布
和歌山県以南。インド・西太平洋の熱帯海域。
生息域
珊瑚礁。
解説
○体は側扁し、長卵形。頭部と体側に斜めの縞模様がある。これが歌舞伎役者の隈取りを連想させ和名由来になっている。雌と幼魚は吻部に橙色の斜走線があるが雄にはない。尾柄に2列に並ぶ6本の鋭く前向きの棘があり、性質は荒く噛みついてくることもあるから注意しよう。鰓孔の上部には骨質の大きな鱗がある。珊瑚礁ではふつうに見られる。

クマドリ(yg)  10cm  -15m
2009/11/01  八丈島 底土
Canon EOS KissDigitalN 100mm

底土の帰り道で岩の裂け目に小さなクマドリが見れました。ナズマドでも同サイズのが見れたんですが、隙間から全く出てくれなくてかなりの臆病君。こいつも証拠写真を数枚撮ったら、そのまま奥にすーっと入っていき、全然出てくる気配無しでした。

クマドリ(♂)  30cm  -10m
2008/05/09  沖縄本島 真栄田岬
Canon EOS KissDigitalN 100mm

相変わらずでかくてど派手な体で、すんげー目立ちます。写真写りは良い気がしますが、ダイバーがこの魚を追っかけているのは見たことがありませんね。普通種だからかもしれませんが。これは顔に柄が無いので、♂ですね。

クマドリ(♀)  30cm  -10m
2004/12/27  久米島 ウーマガイ
Canon Power Shot S45

見てのとおり体全体に斜めの縞模様があり、まさに隈取り模様。どこにいてもかなり目立ちます。見た目の通り?性格が荒っぽく噛み付いてくることもあるらしいですが、今のところ噛まれたことはないです。



2003/12/29
マブール島

2004/12/27
久米島

2008/05/09
沖縄本島

2009/11/01
八丈島

 

inserted by FC2 system