カワハギ
管理No
ac025-011
和名
カワハギ
学名
Stephanolepis cirrhifer
分類
条鰭綱/フグ目/カワハギ科/カワハギ属
大きさ
全長25cm
分布
北海道以南、東シナ海。
生息域
幼魚は流れ藻につくが、成魚は100m以浅の砂地に群れですむ。
解説
○体は強く側扁し、菱形。腹部膜状部が発達する。雄の背鰭前部軟条は糸状に延長し、雌では延長しない。

カワハギ(産卵)  10cm  -10m
2014/05/02  柏島 後浜 1番ブイ
Canon EOS 7D 100mm

柏島の浅場でカワハギが産卵してました。2匹が円を描くように砂地をぐるぐる回ってました。

カワハギ(睡眠中)  10cm  -12m
2010/07/31  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ナイトダイブ中、砂地のど真ん中でカワハギが横たわって寝てました。よく見ると、フジツボのついた石をくわえていて、一応流されないようにしているようです。それにしても無防備すぎる。

カワハギ(夜間色)  20cm  -10m
2010/06/05  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ナイトダイブ中、大きなカワハギがじっとしていました。普段より暗い色になっていて、夜間色に染まっているみたいです。壁に寄りかかって寝ていたのかも。

カワハギ(yg睡眠中)  2.5cm  -8m
2010/06/04  西伊豆 江富海岸
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ナイトダイブ中、可愛いサイズのカワハギが石の出っ張りに食いついて就寝中でした。ナイト中はこういうシーンが良く見れるのですが、ついつい撮ってしまいます。

カワハギ  15cm  -5m
2008/09/21  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS KissDigitalN 60mm

セルフで浅場を移動中にカワハギが貝を食べているところに出くわしました。食べては吐き出し、食べては吐き出しを繰り返していました。普段なら素通りする被写体ですが、みんな撮影してました。こんな時でもなきゃ、なかなかカワハギなんて撮影することないんでしょうね。

カワハギ  15cm  -10m
2007/11/11  西伊豆 大瀬崎 門下
Canon EOS KissDigitalN 100mm

伊豆などの温帯では超定番のお魚です。何処にでもいるし、見た目もぱっとしないし、ダイバーからは注目されるお魚ではありませんが、食べると美味しいので釣り人には人気のお魚です。ダイバーと釣り人では喜ぶ魚が全く違いますね。
ある程度潜り込むと、撮影する機会もなくなってしまい、成魚はほとんど撮っていなかったので撮影しておきました。

カワハギ(yg)  2cm  -8m
2007/09/09  西伊豆 大瀬崎 先端
Canon EOS KissDigitalN 60mm

アミメハギのこの位のチビは良く見かけるのですが、THEカワハギのこのサイズの撮影は初めてでした。カワハギは伊豆では沢山いるのに、幼魚はそれほぼ見ないような気がしますね。気のせいかもしれませんけど。
アミメのチビと良く似ていますが、まあ名前の通り体が網目模様になっているので区別は可能です。カワハギ系のチビって可愛いですよね。

カワハギ  3cm  -10m
2001/09/16  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon Power Shot S40

伊豆では定番で珍しくも何ともないお魚ですが、このくらいのおチビちゃんだとカメラも向けたくなります。カワハギ系は大きい奴らは可愛げが無いですが、5cmくらいまでなら目がクリッとしてて背鰭もピンとしてて可愛いですね。



2001/09/16
伊豆山

2001/10/21
富戸

2003/08/10
大瀬崎

2006/03/04
三保

2006/07/08
伊豆大島

2006/08/19
川奈

2006/10/15
大瀬崎

2007/08/12
富戸

2007/09/09
大瀬崎

2007/11/11
大瀬崎

2008/08/31
富戸

2008/09/21
大瀬崎

2008/09/21
大瀬崎

2008/10/05
伊豆大島

2009/05/17
大瀬崎

2009/06/28
伊豆大島

2010/06/04
江富海岸

2010/06/05
大瀬崎

2010/07/31
大瀬崎

2011/07/17
大瀬崎

2014/05/02
柏島

2014/05/03
柏島

2014/05/03
柏島

2014/08/23
伊豆大島

2014/11/09
大瀬崎

 

inserted by FC2 system