クロハコフグ
管理No
ac026-005
和名
クロハコフグ
学名
Ostracion meleagris meleagris
分類
条鰭綱/フグ目/ハコフグ科/ハコフグ属
大きさ
全長18cm
分布
和歌山県田辺湾以南。〜インド・西太平洋域。
生息域
水深50m以浅の沿岸サンゴ礁。
解説
○体の横断面は四角形。雄の体側は青く、多数の黄色点があり、背面は暗褐色で多数の白色点がある。その背面と体側の境界に、黄色縦線が途切れながら走る。雌の体は一様に暗褐色で多数のの白色点がある。
○体表の粘液中にパフトキシンという毒を持つ。この毒は魚毒で、他の魚を殺したりするが、人への中毒はない。

クロハコフグ(yg)  3cm  -5m
2012/09/03  柏島 マグロ生簀跡
Canon EOS 7D 100mm

8年ぶり2度目となるクロハコフグの幼魚に出会えました。かなり警戒心が強く珊瑚の下に隠れてしまうのだが、うまい具合に隙間から撮れました。くりくりの瞳がとっても可愛いです。チビほどまるっこくて可愛いですね。

クロハコフグ(♀)  15cm  -10m
2006/05/04  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

熱帯では普通に見られるお魚ですが、♀は体が真っ黒で♂に比べて目立たないので、水中でもあまり見た記憶がありませんね。こいつを見た時も暗がりに逃げ込んでいくんで、撮影もちょっと大変でした。

クロハコフグ(♂)  20cm  -10m
2006/05/01  沖縄本島 真栄田岬
Canon EOS KissDigitalN 60mm

熱帯では普通に見られるお魚で、♂と♀の見た目がだいぶ異なります。♂は体が黒っぽい青で、多数の黄色点があり、縦長の箱型でとても良く目立ちます。以外と綺麗なお魚です。



2002/05/03
沖縄本島

2004/11/20
伊豆大島

2006/05/01
沖縄本島

2006/05/04
沖縄本島

2006/07/30
沖縄本島

2006/08/04
沖縄本島

2008/02/10
沖縄本島

2012/09/01
柏島

2012/09/03
柏島

2013/06/25
石垣島

2014/09/23
屋久島

 

inserted by FC2 system