シボリキンチャクフグ
管理No
ac027-016
和名
シボリキンチャクフグ
学名
Canthigaster janthinoptera
分類
条鰭綱/フグ目/フグ科/キタマクラ属
大きさ
全長10cm
分布
八丈島以南;インド・太平洋
生息域
サンゴ礁域や岩礁域
解説
○体側には小さな白色斑があり、ゴマフキンチャクフグに似るが、腹部の斑紋は体側の斑紋より大きいこと、尾鰭に斑紋がないことで区別できる。

シボリキンチャクフグ(yg)  2.5cm  -6m
2012/12/23  石垣島 ホンセンハーガッタ
Canon EOS 7D 100mm

石垣島の激浅のポイントでほぼセルフダイビング中、大きな根の下の亀裂にとっても小さなシボリキンチャクフグを発見。このサイズは初めてで、かなり粘ったのだが、亀裂から全然出てきてくれない。ちょびっとだけ顔出したところを一枚だけ撮れました。ずっとここで粘りたかったぐらいです。

シボリキンチャクフグ  8cm  -10m
2010/09/23  小笠原 父島 釣浜
Canon EOS 7D 100mm

サンゴの隙間の奥のほうに緑っぽくてど派手なフグが居ました。南国ではそれほど珍しいわけではないようですが、私的には初遭遇のシボリキンチャクフグでした。なかなか奥から出てこないし、こっち向いてくれなかったのですが、粘って鰭開いてるところが撮れました。フグの中では綺麗なほうです。



2010/09/23
小笠原

2010/09/23
小笠原

2012/12/23
石垣島

 

inserted by FC2 system